日本の津波災害

2012年02月24日 20時16分00秒 by

24日、議員団会議。来週からの議会対応の打ち合わせ。

今週の月曜日に西尾法人会が「津波予測」の講演会を行った。
講師は、川崎名大大学院准教授。

参加できなかったが、会場あふれるほどの人だったそうだ。
某大学教授から、川崎教授の報告資料やその他に予測動画や他の資料をデータで頂いた。
ぞっとするものばかりだが、貴重だし、一喜一憂せずに冷静に受けとめることが必要と思う。

その某教授から「分かりやすいからみんなで読んでほしい」と薦められた「日本の津波災害」という本。
       

生々しいエピソードを交えながらたどる津波災害の日本史。
津波のメカニズムや特徴、恐ろしさ、過去から学びうる教訓など、分かりやすく説いています。

いろいろな学者や教授がいろいろな想定をし、新聞や雑誌で報じるけれども、
やっぱり大事なのは過去の経験に学ぶこと…。
おすすめです。

前の記事

公共交通

20日、午前、一般質問準備午後1時半、公共交通のあり方について障害者団体からご要望の聞き取り。現在のデマンドタクシー方式(案)の改善の必要性を痛感。 ...

次の記事

25日、午前10時、吉良町にて相談1件。 午後1時半、TPP学習会。講師に元東海農政局の職員。大きな集会ではないが、中身の濃い内容。日本の仕組みを根底か...

このページをシェア