住民もマイク握り「今度は高瀬さんよ!」高美町「青空」演説会

2016年10月18日 13時29分22秒 by

18日午前、伏木の高美町で青空演説会の様子です。演説を始めると続々と町内の方々が集まってこられました。参加者の中で、ある方はマイクを握って「今度は高瀬さんに入れます。頑張ってください!」と激励される場面もありました。とても温かい場になりました。今各地で小さな集会、「青空演説」を行っていますが、どこでも予想以上の人たちが集まり、話を熱心に聞いてくださいます。選挙カーの移動中、演説中、市民からの熱い視線を感じ、熱いエールを送ってくださる場面が多数あります。

高瀬あつこがこれまで経験した選挙で感じた事のなかったような状況が広がっていることを日々実感します。最後まで、訴えに訴え抜いて勝利目指します。

ご支援を宜しくお願いします。
09

前の記事

街頭スタンディング!!「高岡から、清潔な女性県議を!」をアピール

夕方、寸暇を惜しんで、街頭スタンディングです。 日に日に手を振る人が増えていることを実感します。皆さんの温かい、いや熱い激励に、寒さも吹き飛びます!!

次の記事

かつて政務活動費で紳士靴を買った県議候補、「防災っぽいものだ。滑りにくくて、防水で、日常でも使える革靴」と説明していたが・・・

日本共産党の「法定ビラ」1号が17日の北日本新聞朝刊に折り込まれました。そのビラには、寄せられた市民の声を紹介しています。「鬼退治してほしい」「私ら領...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページをシェア