演説会に地元地域から多数のお越しに感謝します【きんごの日誌・2017年3月26日】

2017年03月26日 08時42分37秒 by

3月20日 演説会を開きました。

会場は文化会館の多目的ホール、あまりに少ないお越しだと逆に元気がそがれる心配な会場でしたが、休日にもかかわらずたくさんの方に足を運んでいただきました。(150名の皆様にご参加いただきました。)有り難うございました。この場からお礼を申し上げます。

私の地元(庄下地域)からは、ご夫婦で参加いただいた方も何組も居られました。ちょっと耳が不自由で話が十分聞いていただけたかなと気にかかる方もお見えでしたが、きっと「行って励ましてやろう」との思いから参加されたのでしょう。心から感謝です。畑仕事をしておられるところでお誘いした方や、多分案内のビラを入れただけで直接声をかけていないだろうと思われる方にも何人も来ていただきました。大変懐かしい顔も拝見しました。心からお礼を申し上げます。

問題はせっかくのお休みの貴重な時間に来ていただいた皆さんですから、その期待に副(そ)うような話ができていたかということです。試験の採点のように赤ペンで結果を返されるわけでは無いので、皆さんのお帰りの時の表情で感じとるしかないのですが、どうだったのでしょう?自分についていえば、話そうと思っていたことの柱がいくつか有って、それらをどんな順番でどういう風に並べながら展開していくのかという事が最後まで決まらず、ステージの上の椅子に座って弁士の順番を待っている間もずっとあれこれ考えて居たのですから、ちょっと心配ですが・・・

お越しいただいた皆さんの期待が泡にならないよう、これからも気を引き締めて全力です。

前の記事

内心処罰の違憲立法〜「共謀罪」【となみ赤旗読者のひろば・2017年3月26日】

「共謀罪」法案を閣議決定 安倍内閣は21日、国民の内心を処罰する「共謀罪」法案を閣議決定し、国会に提出しました。今国会で成立を図る構えです。 「共謀...

次の記事

野党不在の「まとまりやすさ」は、審議を形骸化する

3月31日の北日本新聞は、1面で「民意と歩む」(36回)を掲載しました。「円滑審議は諸刃の剣」と大見出しにし、野党がいない砺波市議会の実情を丁寧に紹介...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページをシェア