200通の砺波市民アンケート(日本共産党砺波市委員会)中間集計

2017年04月02日 19時16分31秒 by

アンケートが毎日のように返送されています。中間集計をおしらせします。

暮らしの問題、身近な要望など
•車がないと生活できない社会をどうにかしなければ。 •通学路の除雪、高齢者宅の除雪が必要ではないか。 •免許返上した人にバス無料券などを。 •保育士の給料をアップして保育の質を確保してほしい。 •無医村を無くしてほしい、病院に行くのが大変である。 •農村部の交差点に外灯が必要と思います。 •太郎丸のウェストパークの吊り橋のように遊具の足場が一箇所抜けているので直してほしい。 •古い住宅に住むだけで経費がかかって困っている。 •夏場冬場へのショートステイを頼んでいますが、施設が全く足りないので、思った通り滞在することができません。日程調整で家族は疲れています。 •出町の街中、商店街は全くのシャッター通り。以前のような活気はありません。大型店舗だけが繁栄し、儲からなくなって閉鎖されたら、一体どうなるのでしょうか? •免許証を返納する方もいるのでもっと小型の巡回バスを増便するべきです。今のルート、便数だと不便なので、結局車に頼らざるを得ません。バスが充実しないので、砺波は全く車社会。 •教室のクーラ設置を希望。小矢部ではクーラーついていますよ。砺波でも小学校につけてください。暑くて勉強できない。 •毎年のように下水道の進展がない。20年くらい遅れている。 •管理不十分な家屋への指導勧告を。(景観悪化、治安) •何かと市民にお金を求めることが多い、地区においても。 •冬の歩道の除雪が悪く、子供達の安全が守られていない。 •延長保育が短いことで安心して勤務できない。 •運転免許が保持できなくなった後のことが心配。 •高齢者・障害者の足の確保。 •市の窓口を、働いている人のため、土日も時間延長を。 •チューリップ公園はイベントを主にした公園で、安らぐ場所になっていない。 •ママたちが働く一番近い場所の保育所に入れるように。 •空き家の活用。 •免許返納者に対して、代わりにどんなサービスが砺波で行われているか知らない方も多い。例えば数年間バスの無料券などが出たとしてもその時には、介助者も必要な時であり、その方も一緒に使用できるようにしないと結局宝の持ち腐れ、使えないことが多いのです。 •現在農業に従事しておられる方を手厚く国・県が支援していかなければ次の若い人たちを担い手がいなくなってしまいます。 •買い物に行けるよう、市内の大きなスーパーの玄関口まで運行してあげられるようにすれば良いと思う。週に1~2回でも。 •下水道の本当にその工事必要ですか?→今でも非常に疑問です。 •防犯灯・カメラ設置を。 •公民館に1日数回、10人乗りタクシーを止まるようにする。 •自家用車がなくても買い物等に行けるようにする。 •市民税(住民税)・保険料などの軽減を望む。 •(国保税は高い)所得に応じて負担する部分を大きくするべきではないか。 •共働き夫婦が安心して働ける状態を確保することが必要。 •保育士の増員、正規雇用。あまりにも臨時雇用が多くなっているのでは? •入学時(小中)の準備に必要な物品、コストが高くて大変→補助金制度を作って欲しい。 •介護する際の様々な物品、食事などなど大変負担が大きくなってきています。ぜひきめ細かな介護に関わる負担の軽減をお願いします。 •学校給食のみならず、病院や施設などの食事も地産地消の食物を使うルートを。 •小水力は木材利用ストーブを率先して行政の場で活用して欲しい •市役所、病院に最低手話通訳士職員を。 •駅のホームへのエレベーターを設置して欲しい。 •駅前の現在の無料駐車場は無くさないでほしい。駅商店街にお客を呼び込むには、駐車場の確保が不可欠、有料にしないで欲しい。むしろ無料駐車場広げて欲しい。 •高齢者、子供達のための幹線道路に市営バスを運行してほしい。 •私の(前の?)道路は真っ暗で外灯1つありません。 •これ以上年金を減らされたら、生活ができない。 •バスに代わってワゴン車(タクシーの相乗り)等で対応して経費節減、行政改革が必要である。 •バスが少ないし、時間が早く終わってしまう。 •後期高齢者医療保険は高過ぎるし、納得できない。一方的に決められた様な気がする。 •コミュニティバスの運行時間を少なくとも30分毎にする。バス停を増やす(路線の拡大) •福祉バスの路線を拡大し、どこからでも乗車できるようにすることと、運行時間を少なくとも30~60分毎にする。市民の多くは自家用車がないと動けない。充実すれば街中や公園にも行きやすくなり、外に出る機会も増え、しいては経済効果も上がる。 •用水路に水を流す(冬場は特に水は流して欲しい。雪のやり場がないので大変困っている) •台湾の観光客誘致ばかりしていないで、子育てや市の施設整備にお金をあてて欲しい。 •融雪装置を設置して欲しい。 •文化会館の屋上に展望台を設置されたが、利用する人が少なく税金の無駄遣い。 •チューリップ公園のタワーを立て替えをするようですが、もう少し他のところに税金を使ってはどうか。 •用水路を児童がまたいであそぶ!靴を流されたり危険。囲いを!(30代女性) •これ以上年金削減しないでください。将来不安です(66歳、女性)
議会、市政に対するもの
•市議会に水戸黄門のような人が必要。 •市民の声を聞いてほしい。 •サラリーマンのような議員はいらない。ちゃんと意見の言える人になってほしい。 •市長の「もう1つ上の砺波」とはなんですか。下の方も見てよ。 •議員の報酬値上げなんかとんでもない話です。議員はサラリーマン化している。 •馴れ合いにならずにいつも問題意識を持つ。 •政務活動費はどのように使われているのでしょうか? •市政の報告は広報でしかわからない。市議の方の報告をマナに聞けるといいと思う。 •議員は基本的な生活に視点を持ってほしい。 •自分たちが偉いと勘違いしないこと! 謙虚で努力的な人じゃなければ、やめるべき! 今の議員活動だったら議会に不要な気がする。 •現在の砺波市議のほとんどはプライドが高く市民の目線でものを考えていない。 •悪質な市議が何人かいる。県外出張の時を厳重チェックを。市民に報告の義務の徹底。 •砺波市議の政務活動費などチェックと公表を。 •議会にチェックマンが必要。 •自民・公明のみの議会は良くないと思う。 •議員に日当が出るのはおかしい。議会に出ることは議員活動の基本。議員は行政の監視役ということをどの議員も基本に置いてもらいたい。 •今の議会は夏野市長の言いなり。自民会ではダメです。 •政務活動費の後払い。 •異議を唱える議員が少ないように思う。 •チェック機能のしっかりした議会を望む。 •現在の議会は単なる形式に過ぎない。現状を改革する意欲が見られない。 •政務活動費の問題で・・・苦い屈辱感を味わった。砺波市に「皆無」なのですか?市民オンブズがないから「大丈夫」と報告し、時の過ぎるのを待ったにすぎないのですか。市議会の「異議なし」与党の監視政党として頑張って欲しい。 •市議は、自分のことしか考えていない。 •砺波市の政務活動費に意見がないのは不思議です。 •政務活動費の透明化をもっと先進的に実施。 •どこかの市会議員の様に、砺波の市会議員も政務活動費を不正にもらっているのではないですか。ぜひ調べてください。 •富山市の不正がありましたが、砺波市は大丈夫でしょうか?透明な報告を市民にわかりやすくすること。 •現場の声を聞かずに、役人と議員と地区の役員のみで決めてしまうところが許せない。本当の声を聞いてもらえる場がない。地区懇談会は選ばれた恵まれた人しか出席していない。 •議会をチェックする第3者の存在は必要。
安倍政権、政治一般の意見
•お金持ちのための政治はもう耐えられない •年金生活です。食生活を切り詰めています。 •安倍自民党政治をやめさせ、反自民で大同団結を •ますます裕福な人とそうでない人の差が大きくなっている。そんな世の中は不安定だと思う。 •電気ガス食料品など上がってきてます。助けてください。 •自民党の政策は間違いだらけです。今の国会を見てください。自民党のおごり政治です。 •安倍首相のやることはめちゃめちゃです。共産党さんしっかり国会で頑張ってください。 •コメを作るだけでは大変赤字になっている。 •経済第一主義で潤った人たちもいるのでしょうが、置き去りにされた人の方が圧倒的に多く、「美しい国」からはどんどん遠ざかっていると感じます。 •消費税10%になると全ての人が困る。給料が上がる訳でもないのに、税金だけがたくさん取られる。 •(安倍政権は)数の力を利用してやりたい放題。 •70歳くらいで働かないと生活に不安がある。 •国政も自民党独裁の様で、野党もしっかりして欲しい。 •自民党による多数の独裁政治で私は許せない。
日本共産党・境きんごへの意見など
•市政の「お目付役」に徹してください。 •市政にいつも目を光らせておいてほしい。 •野党全体として与党に立ちむかえる力(勢力)の拡大を望む(これ以上自民党に好き勝手にさせないで) •支持政党とは違いますが、意識が市民に一番近いのは共産党だと思います。 •次期選挙で野党共闘で政権をとってほしい。自民党のおごり政治に終止符を打ってください。 •欣吾さんが市会に出て市民の声を届けてください。 •なかなか皆政治に対して言いたいことが言えません。勇気を持ってやってください。まだまだ地方では革新的な意見が通らない中で、貴重な存在だと思っています。「蟻の穴から堤も崩れる」年金額が年々減額され、年金生活者は少しずつであるが、苦しくなってきている。将来が心配。 •最近の共産党の考え方もよくなってきたようです。 •応援していますよ。頑張ってください。(30代女性) •当選を祈る、共産党は住民のための党である。(太田地区1住民) •真面目な新聞は赤旗のみ。 •共産党さんはとことん相談にのっていただき親身な対応でした。30年程前の話になりますが、今でも記憶にあり、私としては市民の意見を聞いていただき、頼りになる党と思っております。頑張ってください。 •これからもアンケートを取ってください。
その他
•あたりまえの声を当たり前に!税金は市民のお金!ムリムダをなくせ! •市役所が土日や平日夜中も電気がついている。残業代も出ず、自殺者や休職者が増えていると聞く。まずは官公からブラックな勤務体系を改善すべき。心の余裕はサービス改善にもつながると思う。(20代女性) •古い体制が通っていると聞いているが、できるところから改善していってほしい。 •自民党の古い考え方が、砺波の常識になっているのは悲しい。違う見方をしてくれる共産党の役目は重要と思う(60代女性)
前の記事

素麺作りいよいよ終わる【きんごの日誌・2017年4月2日】

3月29日 最後の早朝の休憩時です。 今シーズンの素麺作りがようやく終わり、明日からは、たとえば朝の五時まで寝ていても「あちゃー!」と頭を抱えなくて...

次の記事

教育勅語を教育現場に?【となみ赤旗読者のひろば・2017年4月9日】

これは、あの森友学園の幼稚園児の話ではありません。安倍政権は3月31日、教育勅語を「憲法や教育基本法に反しないような形」で教材にすることは否定しな...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページをシェア