事務所びらきでたくさん皆様から激励【きんごの日誌・2017年4月9日】

2017年04月09日 01時50分33秒 by

4月 4日 事務所開きを行いました。


素麺場の干し場に畳を敷いてゴザを広げ、ふだんは素麺を吊るしているハサに、いただいた檄を吊るし、素麺のたばを入れるコンテナを重ねてそれに白い模造紙を巻きつけた演台を準備した、にわかの集会場にたくさんの人達に集まっていただきました。
文化会館から始めた集会や集いは、同級生の後援会の皆さんのお世話で準備や進行が行われていますが、有難い事です。相談事や演説の内容などで、ところどころに政党色が出て「おっ?」と感じられることもあるだろうと思いますが、同意できるところを根気よく求めて、献身的に進めていただけることに本当に感謝です。日々の生活に支障が生じていないか気がかりですが、その分期待に応えなければと思います。


日頃からお世話になっている近所の方にもたくさん来ていただきました。家族ぐるみの参加の方や、中には演説会や集いに二度三度となる方も居られます。同じ話を何度もお聞かせして申し訳ないなと思いながら「中には初めての方も居られるし」などと心の中で意味の無い言い訳をしてみたりしながら・・・・お疲れのところ有り難うございました。同級生や、農業仲間から、恥ずかしくて身を隠したくなるような「私の人柄紹介」や励ましの言葉をいただきました。何を話そうかと悩まれたに違いありません。有り難うございました。
そして今日の運びとなるまで献身的に、寝る間も惜しんで活動をしていただいた仲間の皆さんにも感謝です。集団でそれぞれの役割を担いながら一つの目的に向かっているという気がします。私もその中の一つの役割を果たしているという。
このような機会がこれから何度かあります。そしてそのたびにゴールが近づいてきます。そのたびに元気が増幅するように頑張っていかねば!

前の記事

教育勅語を教育現場に?【となみ赤旗読者のひろば・2017年4月9日】

これは、あの森友学園の幼稚園児の話ではありません。安倍政権は3月31日、教育勅語を「憲法や教育基本法に反しないような形」で教材にすることは否定しな...

次の記事

砺波市議選は1名オーバー。市民ファーストの市政を!

本日告示された砺波市議会議員選挙には、定数18名に対し19名の方が立候補され、1名オーバーの少数激戦の選挙戦となりました。議席を得るために、7日間全...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページをシェア