小中学校の普通教室へエアコン設置を! 時期や箇所、整備費用、ランニングコストなど導入に向けた課題を整理検討。    【 6月市議会で米谷教育長が金平市議の質問に答弁 】

2017年06月22日 22時03分09秒 by

6月定例市議会の本会議で金平市議は、3月定例市議会で前教育長が「今後さらに議論を重ねていきたい。」と答弁したことを紹介し、「議論は十分重ねられてきている。エアコン設置へ早急な取り組みを求めたい。」と質問しました。

 米谷教育長は「普通教室へのエアコン設置については、近年の気候変化による夏季の気温上昇の状況を鑑みると、子ども達の健康保持や学習能率の向上を図る観点とともに、成長過程の全体を見通しながら、検討を進めていくことが必要と考えている。

 昨年度から各学校での普通教室の室内温度・湿度の測定調査を行い、正確な実態把握に努めてきた。今後は、有識者をはじめ幅広く意見を聴きながら、これらの結果が子ども達に与える影響や、

温度調節の必要性、その時期や箇所、整備費用やランニングコストなど、導入に向けた課題等について整理検討を行ってまいりたい。」と答えました。

日本共産党高岡市議会ニュース 第765号 2017年6月22日

前の記事

前の記事はありません

次の記事

住宅リフォームへの助成制度の創設を より利用しやすい制度となるよう見直しを検討。《金平市議の提案に都市創造部長が答弁》

3月市議会の本会議で金平市議は「市独自の景気対策として有効な住宅リフォームへの助成制度の創設を」と提案しました。  堀都市創造部長は「本市の住宅リフ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページをシェア