浸水対策強化・排水路整備の促進を 14地区が完了し今年度は成美・下関地区の改修を進めている。《都市創造部長が答弁》

2017年06月22日 22時41分30秒 by

2012年7月の集中豪雨によって高岡市内全域で甚大な浸水被害が発生しました。以来、金平市議は河川整備、側溝改修、住吉ポンプ場の機能強化、雨水幹線整備の促進、土のうの配備強化等を繰り返し提案してきました。

 6月市議会で金平市議は排水路整備の進捗状況と今後の方針を質問。堀都市創造部長は「排水路整備については、平成24年度の豪雨により被害が発生した16地区において、平成25年度より

側溝改修を実施し、昨年度までに14地区が完了している。

 今年度は、残る成美地区と下関地区の改修を進めている。この2地区については、来年度以降も改修を進め、早期完成に努めたい。」と答えました。

 第765号 2017年6月22日

前の記事

住宅リフォームへの助成制度の創設を より利用しやすい制度となるよう見直しを検討。《金平市議の提案に都市創造部長が答弁》

3月市議会の本会議で金平市議は「市独自の景気対策として有効な住宅リフォームへの助成制度の創設を」と提案しました。  堀都市創造部長は「本市の住宅リフ...

次の記事

小中学校のグラウンド改修成美、戸出西部、古府、太田の4小学校と志貴野、戸出の2中学校グラウンドの改修計画は?    【志貴野中学校グラウンドの改修は平成30年度に実施したい】

――金平直巳市議の質問に市教育委員会が回答――  日本共産党は、繰り返し小中学校グラウンドの改修の促進を提案してきました。5月17日の市議会・総務文教常...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページをシェア