小中学校のグラウンド改修成美、戸出西部、古府、太田の4小学校と志貴野、戸出の2中学校グラウンドの改修計画は?    【志貴野中学校グラウンドの改修は平成30年度に実施したい】

2017年07月20日 21時32分48秒 by

――金平直巳市議の質問に市教育委員会が回答――

 日本共産党は、繰り返し小中学校グラウンドの改修の促進を提案してきました。5月17日の市議会・総務文教常任委員会で金平市議は「前回の本委員会では、成美、戸出西部、古府、太田の4小学校と志貴野、戸出の2中学校のグラウンドについて、順次改修していきたいとの答弁があったが、各校では現在、グラウンド改修の年次計画をもっているのか。もっていない場合は、いつまで整備計画を立てる予定なのか。」と質問しました。

 教育委員会からは「志貴野中学校のグラウンドは、現在進めている校舎の改築に合わせて平成30年度に実施したいと考えている。その他の学校については、国の補助制度を活用しながら予算の確保に努め、緊急度・優先度を勘案し、順次計画的に実施していきたい。」との回答がありました。

 さらに金平市議は「過去における小中学校のグラウンド改修のペースは、これまでは年に1,2校程度であったが、完了目標年度を設定することも重要だ。完了目標年度を設定する予定はあるのか。」と質問。当局は「グラウンド改修の具体的な完了目標年度は特に設定していないが、早期に向け努力していきたい。」と回答しました。

第769号 2017年7月20日

前の記事

浸水対策強化・排水路整備の促進を 14地区が完了し今年度は成美・下関地区の改修を進めている。《都市創造部長が答弁》

2012年7月の集中豪雨によって高岡市内全域で甚大な浸水被害が発生しました。以来、金平市議は河川整備、側溝改修、住吉ポンプ場の機能強化、雨水幹線整...

次の記事

小中学校の貯水槽の老朽化と水質管理は?

同委員会で金平市議は「小中学校の貯水槽が老朽化すれば、水質問題の発生が懸念されるが、貯水槽・受水槽・高架水槽の水質管理について、日頃どのような取り...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページをシェア