国保事業の都道府県単位化 保険料率の統一で国保税 の大幅値上げの心配が!

2017年08月03日 16時35分30秒 by

6月高岡市議会の本会議で金平市議は「国保事業の都道府県単位化」に関連して「これまで市町村が決めていた国保税(国民健康保険税)が『統一』される動きが加速され、高額の国保税が押し付けられる危険が高まつ ている。佐賀県では、10年かけて統一保険料を実施することを示したものの、市長会からの反対・懸念が噴出し、結局『時期を明示せず』となり、実質的に統一保険料の線はなくなったと言われて いる。」と指摘。そして富山県での「標準保険料の試算公表の見通しは?」と質問しました。

吉澤福祉保健部長は「10月頃に国が示す仮係数に基づいて、県から標準保険料率が示される見込みである。本市では、これを受けて、本市の保険税率及びこれに基づく保険税の試算を行い、 国保運営協議会で議論いただく予定としている。このため、標準保険料の試算の公表は10月以降になる。」と答えました。

「国保税が高くて払えない」との声が高まるなかで、どのような「試算」が公表されるのか注目されます。

(日本共産党高岡市議会ニュース 第771号 2017年8月3日)

 

前の記事

高岡市役所でシステム障害。窓口業務が一時停止 原因究明と再発防止を迅速に!

【共産党が市長に緊急要請】 7月31日、高岡市役所で総合行政情報システムに障害が発生し、本庁舎や伏木、戸出、中田の 3支所、福岡総合行政センターなどで約3...

次の記事

政務活動費の不正根絶、開かれた高岡市議会へ 日本共産党は引き続き奮闘します!

昨年7月に発覚した元県議の政務活動費の領収書偽造・不正請求問題。多くの市民から「議会や議員は一体何をやっているのか!」との市民の厳しい批判や不信の...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページをシェア