政務活動費の不正根絶、開かれた高岡市議会へ 日本共産党は引き続き奮闘します!

2017年08月06日 21時17分04秒 by

昨年7月に発覚した元県議の政務活動費の領収書偽造・不正請求問題。多くの市民から「議会や議員は一体何をやっているのか!」との市民の厳しい批判や不信の声が急速に高まりました。

 高岡市議会の政務活動費の「透明性の確保」「不正根絶」へ金平市議は昨年9月5日、市議会議長に会い、下記の事項を要請しました。

. 政務活動費の透明性確保を!

  ①帳簿や領収書のホームページでの公開を。

  ②政務活動費の使途を第三者の立場からチェックする審査会の設置を。

2.議員報酬の引き上げ中止を!

  ①圧倒的多数の市民が反対している議員報酬の引き上げの中止を。

  ②「議員報酬の引き上げ問題」等をテーマとした意見交換会の開催を。

  ※昨年7月19日、市民団体が議長に「議員報酬の引き上げ反対」を要請。

その後、市民の厳しい批判のもとで、議員報酬の引き上げは中止に。

(日本共産党高岡市議会ニュース 第  号 2017年

前の記事

国保事業の都道府県単位化 保険料率の統一で国保税 の大幅値上げの心配が!

6月高岡市議会の本会議で金平市議は「国保事業の都道府県単位化」に関連して「これまで市町村が決めていた国保税(国民健康保険税)が『統一』される動きが加...

次の記事

過去5年間で政務活動費の不正がないか徹底調査を!再発防止へ領収書のネットでの全面公開を!第三者機関で使途の厳しいチェックを!不正の根源=前払い制をやめ後払い制の実施を。

「富山県議会もひどいが、高岡市議会も徹底してウミを出し切るべきだ。」との市民の厳しい 批判がピークに達するなかで、昨年10月24日、高岡市議会の議会...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページをシェア