水害対策 【金平市議】道路側溝の整備の促進を!

2017年09月21日 21時43分21秒 by

9月市議会の本会議で金平市議は、水害対策の強化を求める立場から、道路側溝整備に関する住民からの要望の状況を質問しました。

 堀都市創造部長は「排水対策としての道路側溝の整備については、平成24年度の豪雨の際に浸水の著しかった16地区において、重点的に進めている。道路側溝の整備に関する要望については平成25年度以降に浸水被害が発生した3地区、及び浸水被害の恐れのある10地区から要望を受けている。」と回答しました。

 さらに金平市議の「今後の整備促進に向けた考え方は。」との質問に堀部長は「16地区のうち昨年度までに14地区が完了している。今年度は、残る2地区の整備を進めているところであり、早期完成に努めたい。また、平成25年度以降新たに要望を受けた地区については、まずは、浸水被害が発生した3地区について、被害の程度や要因の調査を行いたい。」と答弁しました。

第778号 2017年9月21日

前の記事

小中学校の普通教室のエアコン設置はいつ?!

県内他市と比べて極めて遅れている高岡市の小中学校の普通教室へのエアコン設置。金平市議は6月市議会に引き続いて9月市議会で、設置に向けた「今後のスケ...

次の記事

住吉ポンプ場 【金平市議】住吉ポンプ場の稼働実績は?

 9月市議会で金平市議は「住吉ポンプ場の供用開始後の稼働実績は?」と質問。黒木上下水道事業管理者は「住吉ポンプ場雨水施設については、平成28年5月...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページをシェア