高岡市の財政危機と公共施設の統廃合問題を考える

2017年12月17日 21時10分19秒 by

「40億円の財源不足ときいたが、高岡市の財政は一体、どうなっている?」

「財政が大変なら、これ以上の箱物建設はやめればいいのでは?」

「高岡市には1128億円の借金があるそうだが、何故そこまでになったの?」

「身近な公共施設がなくなると困るよ!何とかならんか。」

◆今、市民の間では、高岡市の「財政危機」や「公共施設の統廃合問題」が重大な

 関心事となっており、不安の声が急速に高まっています。12月市議会での共産党議員団と市長との論戦をご紹介します。皆さんの御意見、ご提案をお聞かせ下さい。

日時:12月21日(木)午後6時~

 会場:高岡市青年の家・2階第一研修室

 報告:日本共産党高岡市議団

     (金平市議、高瀬市議)

何でも相談会のご案内

 ◆暮らし、福祉、教育、環境、法律

   問題など、一人で悩まず何でも

   ご相談を!

  ◆日時 十二月十九日(火)午後

   一時~三時

  ◆会場 共産党市議団控室にて

        (議会棟一階)

  ◆相談受付は共産党市議団が担当

  ◆電話でのご相談もお受けします。

     二〇―一五四四

   ◆最近の相談例は・・・・・

     ・危ない交差点にカーブミラー

      を設置してほしい。

     ・生活保護について

     ・介護保険を活用した住宅の

      改修について  その他

前の記事

12月定例市議会が12月4日にスタート。高橋市政のもとでの「財政危機」はなぜ起きたのか?「財政危機」を理由とした住民サービスの切り捨ては許されるのか?

=共産党市議団は市民要求実現へ徹底した論戦を行います=  改選後初の定例市議会が12月4日にスタートします。(会期は20日まで) 今回の定例市議会で...

次の記事

――12月定例市議会報告――

小中学校の普通教室へのエアコンの早期設置を!    《導入に向けた課題等について検討を深めている》        =高瀬市議の質問に米谷教育長が答弁...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページをシェア