コミュニティバスの存続を求める要望書

2018年01月11日 06時08分57秒 by

コミュニティバスの存続を求める要望書

  高岡市長 髙橋 正樹様                    

 2018年1月   日

                            日本共産党高岡市議団                                      金平 直巳                                      高瀬 充子

 「高岡市総合交通戦略」では、「少子高齢化の進行により、自動車を運転できない交通弱者の増大が予想され、公共交通による移動手段の確保が必要であるほか、過度な自動車利用による環境負荷の増大への対応など、公共交通の果たす役割は重要なものとなっている。」と述べられています。

 県内外の自治体では、まちづくりなど住民福祉の向上を図るため、交通空白地域・不便地域の解消、高齢者等の外出促進、公共施設の利用促進を通じたまちの活性化を目的として、コミュニティバスが運行されています。

 このような中で、高岡市で運行されているコミュニティバスについて、「廃止」の動きがあることは極めて重大です。多くの市民からは「コミュニティバスがなくなったら本当に困る。何とかして欲しい」、「コミュニティバスの廃止は高岡市のイメージダウンにつながる。存続すべきだ。」、「高齢者や市民の意見をもっと聞いて欲しい。」など、厳しい批判や不安の声が急速に高まっています。

 コミュニティバスの存続を求める見地から下記の通り要望します。

1.市内各地域から、コミュニティバスの増便や運行コースの見直しを求める声が数多く出ている。コミュニティバスの今後のあり方について、住民説明会や住民アンケートを実施して、民意の反映に努力されたい。

2.県内外の事例を調査・研究し、住民参加の手法の導入を含め、現行のコミュニティバスの運行コースの全面的な見直しを実施されたい。

3.買い物支援活動への更なる取り組みの強化がもとめられている。コミュニティバスのあり方を含めて、全庁体制で交通弱者対策の強化を図られたい。

前の記事

故南部周三氏の政務活動費の支出の調査結果について

共産党市議団団長 金平直巳   共産党市議団に所属していた故南部周三氏の政務活動費の支出について、過去の領収書の宛名欄に、本人の自筆と思われる記載が...

次の記事

――12月定例市議会報告(続報)――

高岡市の財政危機問題 財政運営のつまづきを公共施設の廃止、住民サービスの削減で市民にしわよせすべきでない。 【金平市議が高橋市長に要求:12月定例市...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページをシェア