記録的な豪雪被害への国の緊急財政支援の要請を!

2018年02月14日 07時28分44秒 by

記録的な豪雪によって、公共交通や生活道路への大きな影響、流通の混乱による食料品等の品薄・価格の高騰など市民生活に甚大な影響が出ています。

 共産党呉西地区委員会(坂本洋史委員長)と共産党市議団(金平直巳市議・高瀬充子市議)は2月7日、高橋市長に対して「記録的な豪雪に対する緊急財政支援に関する要望書」を提出しました。要望書では「現在、市民生活の安全と安定を早急に確保するために、小中学校の通学路や通勤・通学のバス路線、生活道路の除排雪に尽力されているが、かつてない豪雪のために、除排雪経費が当初予算を大幅に上回り、多大な財政負担となっている。今後も除排雪経費のさらなる増加が予想され、本市財政に大きな影響が懸念される。国の財政支援は自治体財政上、必要不可欠なもの」と指摘し、「特別交付税の増額配分など、国の財政支援の緊急実施の要請を。」と求めました。

 応対した水上総務部長は、今年度の国の特別交付税の要望時期でもあり、働きかけたいと回答しました。共産党議員団は3月市議会で、総合的な雪対策を提言する予定です。

井上さとし参院議員が高岡市で雪害被害の現地調査。共産党富山県委員会が知事に「総合的雪害対策」の申し入れ。

 井上さとし参院議員は2月10日、高岡市に入り、末広町商店街の天井材崩落現場の調査など、雪害被害の現地調査を行いました。9日には、党富山県委員会が石井知事に国への財政支援の要請、高齢者・障がい者宅の除雪支援、福祉灯油の実施など、9項目の申し入れを行いました。青山りょうすけ党若者・子育て支援相談室長、ひづめ県議が要請しました。

第790号 2018年2月14日

 

前の記事

公共施設再編・市民説明会 市長に辞職を求める声やコミュニティバスの廃止に反対し存続を求める声など、高橋市政への厳しい批判が続出!

高岡市の公共施設の再編計画をテーマとした第5回市民説明会が1月29日、ふれあい福祉センターで開催されました。参加者からは「あなたを選んで悔やんでい...

次の記事

移動図書館は廃止でなく存続を! 共産党市議団(金平 市議・高瀬市議)が米谷教育長に緊急要請。

高岡市教育委員会が市の財政危機を理由に、移動図書館の廃止方針を示したことについて、多くの利用者から存続を願う声が高まっています。金平市議・高瀬市議...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページをシェア