移動図書館は廃止でなく存続を! 共産党市議団(金平 市議・高瀬市議)が米谷教育長に緊急要請。

2018年02月14日 07時42分51秒 by

高岡市教育委員会が市の財政危機を理由に、移動図書館の廃止方針を示したことについて、多くの利用者から存続を願う声が高まっています。金平市議・高瀬市議は2月2日、米谷教育長に「移動図書館の廃止に反対する申し入れ」を行いました。

 申し入れでは、ユネスコ公共図書館宣言(1994年11月採択)が「通常のサービスや資料の利用ができない人々、例えば言語上の少数グループ、障がい者、入院患者や受刑者に対しては、特別なサービスと資料が提供されなければならない。」と述べており、「より多くの市民が図書館を利用できる図書館システムの拡充、高齢者や障がい者など含めた全ての市民に図書館サービスを提供するためには、移動図書館の役割は重要。」と指摘し、「移動図書館が廃止され、代替事業が実施された自治体では年々、貸出数が減少している。」と警鐘を鳴らし、移動図書館の廃止方針の撤回を求めました。

 米谷教育長は、車両の老朽化で更新を検討したが、多額な経費がかかり困難で、やむをえない選択だと回答。共産党市議団は、3月定例市議会本会議で、移動図書館の存続を提案します。

第790号 2018年2月14日

前の記事

記録的な豪雪被害への国の緊急財政支援の要請を!

記録的な豪雪によって、公共交通や生活道路への大きな影響、流通の混乱による食料品等の品薄・価格の高騰など市民生活に甚大な影響が出ています。  共産党呉...

次の記事

財政危機問題をテーマとした議会報告会の開催を。市長は議会の委員会に出席して説明責任を。予算特別委員会を設置して徹底した予算審議を!【共産党市議団が議会運営で提案】

かつてない深刻な財政危機のなかで、高岡市の新年度予算案等の重要議案を審議する3月定例市議会が3月1日からスタートします。(会期は3月23日まで)  共産党...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページをシェア