「共産党でもいいんですか?」「そんなの関係ないんです」

2018年04月26日 14時06分56秒 by

「しんぶん赤旗」日曜版読者に新聞を届けに行き、しばし対話になりました。蔵又三郎元市会議員(故人)の教え子で、父親も戦争体験者だという方。

「平和は大切」「女性議員が必要」「選挙がいよいよ迫ってきたら友人に穴倉さんの支持をお願いするつもりだよ」など、嬉しい言葉をいただけました。

私の地元地域(薮田地区)にお住いの、遠い親戚筋に当たる家を訪問したところ、家族で応援し「知り合いにも広げる」との温かい対応でした。

また、亡き義父にお世話になったという方が、「陽子さんに入れる」と夫に話しかけてきたということでしたので、早速リーフレットを持って夫と訪問しました。「我が家は8票は固い。がんばれ!」とエールをもらいました。

 先だって、ある集会所に私のリーフを置かせてほしいと申し出て下さった近所のYさんの妹さんと直接会いました。すると、「その集会所に来てほしい」「ボランティアの人たちが私の来訪を待っている」とおっしゃるではないですか!(びっくり)

私は、「保守王国なのに日本共産党でもいいんですか?」と素朴に聞いてみたが

「そんなの関係ないんです。」と返ってきて、自分自身びっくり!
後日お邪魔してみようと思います。

前の記事

「一番まともなことをゆうとるのは共産党じゃね。よう働く党じゃが」(岡山弁)

 「共産党公認じゃなく、無所属で出て共産党推薦ぐらいにしておけば…」地元を回っている時、善意で声をかけてくれた人がいました。「自民党が強い土地やから...

次の記事

メーデーに参加…叫ぶ!

   5月1日、久しぶりにメーデーに参加しました。仕事をしていたときは無理でした。これも、退職して可能になったことの一つ。新婦人のアトラクションで、麻...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページをシェア