アンケート返送者との出会い、会話は貴重

2018年05月28日 21時27分50秒 by

市内各地に配布した氷見市民アンケートが続々と届いています。切実な要求や政治への意見、市政への不満などがびっしりを書き込まれたアンケートです。アンケート記入者のお名前など情報をお書きいただいた方には、お礼のお声掛けをしています。

5月27日は10時から党県委員会の坂本ひろし書記長とともにアンケート返送者を中心に訪問行動をしました。前回訪問時、留守だったKさんと対話でき、印象から積極的支持かどうかは微妙でしたが「しんぶん赤旗」日曜版の宣伝紙を渡お渡しすると「がんばってください」との返事でした。

また、アンケートに「応援しています」と記入してくださったお宅はあいにく留守でしたので、リーフレットと名刺(電話番号を記入して)を「しんぶん赤旗」日曜版の見本とセットしてポストに入れてきました。翌日、そのうちの一人から穴倉のスマホに直接電話が。その方は義父と夫の知り合いで、「世話になった恩返しがやっとできる。よく決心してくれた」との言葉をかけてくださいました。その方は憲法9条は大嫌いらしいのですが、それでも全面的に穴倉を支持し、広げてくれると約束してくれました。

アンケートには党を支持する人からも、穴倉陽子を支持する方も、またまったく支持はしないけれども、政治に一言言いたいという人、様々です。そういう方々からのアンケートと、その返答内容は貴重なご意見です。

前の記事

メーデーに参加…叫ぶ!

   5月1日、久しぶりにメーデーに参加しました。仕事をしていたときは無理でした。これも、退職して可能になったことの一つ。新婦人のアトラクションで、麻...

次の記事

車から降りてきた女性が「腹が立つので今回は共産党」

毎週月曜は、定例アピール。25日は大阪屋前→中の橋へ。そして今回初めて、こしだスーパーの交差点の三箇所で行ないました。バスの運転士さんやドライバーの...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページをシェア