「市議選出るんですか!先生に会いたい」30年ぶりの教え子とデート

2018年09月17日 19時59分44秒 by

15日、星乃コーヒー(高岡市)で30年ぶりに教え子と会いました。小学校で担任をしたときのN・Sくんです。今は41歳の立派な社会人。彼は、横浜から出張で故郷の高岡の近くまで来たので、「先生に会いたい。」と連絡をしてくれたのです。13日付「北日本新聞」の市田演説会の記事を見て私の出馬を知ったそうで、元気づけの為に会いたいと思ったとのこと。「記事を見なかったら会わずに帰ったかも」…と彼は言っていたので、北日本記事さまさまですね。

懐かしい再会で 思い出話に花が咲きあっという間に時間が過ぎました。
「先生が足下から氷見を変えていってほしい。必ず当選してください。」とエールを贈ってくれました。

N・Sくん本当にありがとう!

社会見学・遠足などで校外での学習をするたびに、「穴倉先生のために」とお母さんお願いして弁当を作って持ってきてくれていたのです。

教え子からこうして声をかけてくれたり、お手紙を届けてくれたりすることが年に何度かあります。また、教え子の保護者のみなさんからもお声をかけていただくことがあります。中には、「先生、事務所びらきいつですか?」と声がかかりました。

本当に教師をやっていてよかったなと思います。頑張らなくちゃ!

次の記事

アピール宣伝中、「絶対勝ってね」と70代女性が激励

17日(月)午前、定例スタンディング宣伝でした。終了間際になって、遠くから70歳代の女性が近づいてきて、突然声をかけてこられました。 「安倍首相が大嫌...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページをシェア