氷見市議選は3名オーバー、女性候補が3人

2018年10月22日 20時20分53秒 by

21日、いよいよ氷見市議選が告示されました。

事前の報道の通り、17名の定数に対して19名が立候補の3名オーバーの戦いとなりました。しかも女性候補が穴倉陽子をいれて3名。そのうち1名は告示直前になって島尾地区から出馬を決め、その方は女性団体の顔であった方で、自民党が「推薦」。有力新人女性です。激烈な戦いとなります。

1週間、全力で走り、必ず議会へ。

頑張ります!

穴倉陽子励ます会会長・穴倉利康さん

退職者教員の会・原田清美さん(旧姓小川清美さん、伊勢大町出身)

女性後援会・源みゆきさん

西村よしみ京都府議

井上さとし参議院議員

池上昭雄選対本部長

ガンバロー

前の記事

「氷見市議会に共産党・穴倉陽子が必要なワケ」井上さとし参議が訴え

穴倉陽子出発式に、井上さとし参議院議員が駆けつけ、訴えました。 氷見市議会がいかに市民の声が届かない議会か、市民に知らせようとしない議会なのか、の告...

次の記事

穴倉陽子は女性の立場で〜氷見市議会のどこが問題と考え、何を変えようとしているのか

氷見市議選史上初の女性候補3人立候補は今回の選挙の注目点です。女性議員が議会に誕生すれば、議会改革の大きなインパクトになるに違いありません。 しかし...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページをシェア