穴倉陽子1606票、6位で当選

2018年10月29日 10時19分12秒 by

28日投開票された氷見市議会議員選挙で、穴倉陽子は1606票を獲得、6位で当選しました。3月に出馬を表明して以来、7ヶ月の戦いはこれで1つの節目となりました。これからは、議員として市民の願いをしっかりと議会で主張し、1つ1つ改革を進めていきたいと思います。

今朝は、地元薮田の国道で朝からスタンディングを行い午前中は市内各地でマイクを握り、今後の抱負を語りました。訴えている間、次々と手ふりの合図をいただき、また車をわざわざ停めて、ウインドウを開けて声をかけていく方も多数おられました。この機体にこたえられるよう、気を引き締めて頑張ります。

10月29日の北日本新聞は「女性2人に新風期待」と解説記事を掲載しました。トップ当選の屋敷夕貴さんと穴倉陽子の女性2人が当選したのは、氷見市議会にとっても初のことです。これからが正念場です。

次の記事

本日地元2紙が、氷見市議会「女性議員2人」への期待を大きく記事に

「北日本新聞」、「富山新聞」両紙が、女性議員2名の誕生について大きな記事を掲載しました。女性の目線で議会がしっかりチェックできるかどうかは、これから...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページをシェア