本日地元2紙が、氷見市議会「女性議員2人」への期待を大きく記事に

2018年10月30日 09時38分11秒 by

「北日本新聞」、「富山新聞」両紙が、女性議員2名の誕生について大きな記事を掲載しました。女性の目線で議会がしっかりチェックできるかどうかは、これからの議員活動にかかっています。

「富山新聞」では、「共産党の議席獲得で、今後全ての議案を全会一致で可決する可能性は小さくなったとみられる」と書きました。日本共産党は市民の暮らしに役立つかどうかという観点から態度を決めるので、当局提案がその観点に見合っていない場合は、言うべきことは言い、最終的に採決では賛否の態度を決めることになります。

前の記事

穴倉陽子1606票、6位で当選

28日投開票された氷見市議会議員選挙で、穴倉陽子は1606票を獲得、6位で当選しました。3月に出馬を表明して以来、7ヶ月の戦いはこれで1つの節目となりました...

次の記事

次の記事はありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページをシェア