「さよなら原発中津川の集い」 「原発はいらん中津川集会」実行委員会 合同集会

2019年05月11日 18時53分53秒 by

 2019年5月11日、この日は中津川の反原発運動において歴史的な日になるでしょう!(集会宣言 より)。

 2011年秋から始まった中津川での2つの集会が今日、はじめて合同で集会とデモを行いました。緑地公園での集会には日本共産党から鷹見のぶよし・木下りつ子両市議も参加しました。市民ネットの黒田ところ市議も参加されました。

(以下 集会宣言より)東電福島第一原発事故をめぐる情勢は、あまり進展していません。ようやくメルトダウンした1~3号機のプールから燃料が搬出されはじめましたが、溶け落ちたデブリを取り出すのは、まだ先のことです。廃炉まで30~40年かかると言われていますが、果たしてその年数で処理できるのかは未知数であります。これだけの大事故を起こしながらもまだ原発の再稼働を進め、輸出をあきらめていない安倍政権を、市民・労組・野党が共闘して倒さなければなりません。その新たな一歩を本日の合同集会を契機にして踏み出そうではありませんか!新たな歴史をこの中津川から私たちの手でつくりましょう!

 デモは横断幕・のぼり・パネル・プラカードなどを手にまた、笛・太鼓・鐘など鳴らしながらの楽しく元気な行進でした。

 皆さん、大変お疲れ様でした。今後もがんばっていきましょう。

 

前の記事

憲法9条講演会のご紹介

「2年前のビデオメッセージで「2020年を新しい憲法が施工される年にしたい」と申し上げましたが、今もその気持ちに変わりはありません」と明言する安倍首相。...

次の記事

5・11憲法学習会「日本国憲法の理念から見る安倍改憲」

    5月11日、恵那文化センターで行われた、岐阜コラボ 山本妙弁護士の憲法学習会は60人の参加でした。 シャープな語り口で民主主義、立憲主義、基本的人権...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページをシェア