木下りつ子市議、たかみ信義市議の市政報告会(東地域)

2019年10月30日 16時05分33秒 by

本日10月30日、中津川市東地域松田地区で、木下りつ子市議、たかみ信義市議の

市政報告会が行われました。

9月議会の質問の報告に加え、

木下りつ子市議からは、福岡下野地域に太陽光パネルが大量に置かれているが、

台風や災害の心配があること。

リニア残土を運ぶ新たな残土置き場、坂本地域に建設予定のガイドウェイ製造工場、

大気汚染調査に関してのJRの対応。

この4月から議員が2人になって、議会運営委員会にて議決権が得られたこと。

これにより、議会の様々な議論に関して発言がしやすくなったこと。

たかみ信義市議からは、プラスチックゴミ問題について、

家庭ごみより企業が出すごみのほうが多く、減量化する方向を検討していくこと。

ゴミ処理問題について、先進県から学びながら、子どものうちから環境教育をしていくことの大切さを述べられました。

前の記事

明るい恵那 10月27日号

《恵那市民アンケートにたくさんの回答が寄せられています、ありがとうございます!いよいよ、締め切りは明日です》 インターネットでもご回答いただけます。...

次の記事

民報なかつがわ 11月3日号

中津川市内で毎週日曜日にしんぶん赤旗に折り込んで発行しております、 「民報なかつがわ」。 11月3日発行分を掲載します。今週は木下りつ子市議の報告です。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページをシェア