消費税減税・廃止へ 疑問に答えます(3)

2019年11月10日 09時00分50秒 by

消費税減税の疑問に答えるシリーズ(3)です。

なぜ8%でなく5%か?

家計応援へ希望示す

 2014年4月に消費税率を8%に引き上げたこと自体が重大な失政だったからです。8%、10%と、2度も消費税を増税した内閣は安倍晋三政権が初めてです。合計13兆円もの大増税です。

 8%増税から5年半たっても家計消費は回復するどころか、増税前に比べて年20万円以上も落ち込んでいます。働く人の実質賃金も年15万円下がり、いまだに深刻な消費不況が続いています。

 1989年の消費税導入とその後の度重なる増税は、国民の暮らしと日本経済を破壊し、日本を「成長できない国」にしてしまいました。それをさらに深刻にしたのが8%増税です。10%への増税は失政の上に失政を重ねた暴挙です。経済や景気、暮らしを回復するために消費税を緊急に5%に減税し、安倍政権の二重の失政を正すことこそ、いま政治が実行すべき政策です。

 個人消費は国内総生産(GDP)の6割近くを占める“経済の主役”です。消費を回復することなしに経済成長もありません。長期にわたる日本経済の低迷を打開するために、政治が「消費税率5%への減税」という思い切った家計応援の希望あるメッセージを発することが何よりも必要です。(つづく)

(日本共産党しんぶん赤旗HPより)

前の記事

消費税減税・廃止へ 疑問に答えます(2)

消費税減税の疑問に答えるシリーズ(2)です。 いったい何に使われてきたの? 大企業減税の穴埋めに  消費税は大企業と富裕層への減税の「穴埋め」に使わ...

次の記事

消費税減税・廃止へ 疑問に答えます(4)

消費税の疑問に答えるシリーズ(4)です。 5%減税で、社会保障財源が心配だけど? 大企業優遇税制見直し確保  財源というなら、まず「大企業と富裕層優遇...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページをシェア