平和と歌のつどいが行われました(追加編集あり)

2019年11月11日 17時34分13秒 by

11月10日、JCP中津川の主催で、平和と歌のつどいが行われました。

会場には、広島・長崎の原爆パネル、高校生の描いた被爆者の証言が展示されました。

まずはオープニング、秋の歌、平和の歌をソロで歌っていただきました。

原水禁世界大会(長崎)参加者の報告がありました。

文化と反核の分科会に参加し、SNSの難しさもあるが、あらゆる平和運動の宣伝方法について、耳触りの良い言葉を使おう、言葉は練り上げていくもの、正しさだけでは伝わらない、デモの表現も工夫を、自分に合った方法で、という報告がありました。

フリートークでは、昨今の平和教育について参加者から発言があり、修学旅行で広島長崎に行く中学校もあるが、減ってきていること、核兵器禁止条約を知らない人がいること、どうやったら若い人たちにその意義を伝えられるのか、小さいころからの教育が大事だと話がだされました。

実は、平和委員会恵那支部という集まりがあり、今までもこの地域の中学生高校生を広島、長崎の原水禁世界大会に送っています。この活動も途切れさせてはいけないという思いを強くしました。

最後は、”みんなで歌おう平和のうた”!!ピアノとアコーディオンの音色でみんなで合唱。

「HEIWAの鐘」という全国の中学生の合唱コンクールで歌われている曲、「平和の旅」の合唱曲も、すべては歌えなかったので「次回は皆で歌えるようにしたい」という発言があり、次回への期待が盛り上がっています!

平和を考えるこのつどいは、今回で初めてですが、これからも不定期でも開催していきたいと考えています。

***JCP中津川より***

 

 

 

 

 

前の記事

消費税減税・廃止へ 疑問に答えます(4)

消費税の疑問に答えるシリーズ(4)です。 5%減税で、社会保障財源が心配だけど? 大企業優遇税制見直し確保  財源というなら、まず「大企業と富裕層優遇...

次の記事

消費税減税・廃止へ 疑問に答えます(5)

消費税減税の疑問に答えるシリーズ(5)です。 5%への減税だけで景気はよくなるの? 「三つのプラン」と一体で  日本を“経済成長できない国”にしてしまっ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページをシェア