12月議会報告(2)砺波市公共施設再編計画について

2019年12月27日 00時02分02秒 by

公共施設整備計画について次のように質問しました。

境きんご 公共施設の将来の在り方を考えるにあたっては、市全体を見渡す視点と同時に、市内にある地域の人達がそれぞれの日常生活を地域の中で送る際にどのような施設の有り方が必要なのかという地域単位の視点が必要と考えます。

十一月六日に日弁連は、「合併しなければ財政が立ち行かなくなる」として平成の大合併が進められたが、同規模の自治体を比較すると合併しなかった自治体の方が人口減少率は低く、基金残高も増えているとの調査結果を発表し、複数市町村で構成する「圏域」を新たな行政主体として法制化しようとする動きを批判しましたが、将来の財政事情に備えて進めるとする公共施設の統廃合が、市内の地域を衰退させることにならないかと危惧するからです。

地域の集会施設に市として責任を

地域の集会施設を地域に譲渡することについて先の六月議会で質問したところ、「砺波市地区集会施設整備事業補助金交付要綱」を策定した背景を理解して欲しいとの答弁でした。この要綱では新築・増築や大規模改修は一回だけの補助とあります。年月が経てば大掛かりな補修等が必要になることが想定されますが、その時はそれぞれの地域の力で対処すべきで市は責任を負わない考え、とも受け取れます。市は将来にわたって地域の集会施設に責任を持つ立場かどうかお答えください。

齊藤副市長 地区集会施設は、地元自治振興会が主体的に管理運営していることから、市が将来にわたって責任を持つものではありませんので、地元における一定程度の費用負担が生じることについてご理解をお願いいたします。

保育所や学校の統廃合について

境きんご 教育施設などは今の計画では直接示されていませんが、統廃合を考える基準については説明があったところです。気になるのは施設に通う子ども達の人数ばかりが考え方の基準になっていないかという事です。地域に学校があるという事が、教育的にも地域の持続可能性にとっても大きな意味を持っていると考えます。地域を歩いて学校に通う事自体が大切な学びの機会であり、学校の無い地域への移住や定住はますます減少するのではないでしょうか。見解を伺います。

齊藤副市長 議員御発言の地域の学びの場や地域の拠点としての大切さは、十分に議論されるところであり、地域の皆さんの意見を聞きながら丁寧に学校施設のあり方を検討してまいりたいと考えております。

松村外次郎記念庄川美術館・庄川水資料館について

境きんご 松村外次郎記念庄川美術館・庄川水資料館はまさにシンボル的な施設でもあり、地域の将来にとっても大切な役割を果たすものでないかと考えます。機能だけでなく建物の長寿命化を図るべきと思いますが考えをお聞かせください。

齊藤副市長 建設されてから約30年が経過すること、斬新なデザインであることから雨漏り修繕が容易に進まないことなど建物としては廃止することとしておりますが、施設にある収蔵作品や展示物などについては、地域資源として後世に継承していくべきものと考えて周辺の施設等を有効に活用して多くの皆さんに御覧いただけるようしたい。

地域の体育施設について

境きんご 地域で日常的にスポーツを楽しむことができるように、すべての小学校区に体育施設を備えるという考え方で市政が進められてきましたが、施設の再編計画を作るうえで、その考え方を継続していくのかどうか。スポーツ施設の需要は大きく、今でも予約の調整に苦慮しているという声を聞きます。また地域の避難場所としての役割も果たします。ぜひ継続していただきたい。

齊藤副市長 耐震基準を満たさない施設については廃止、新たに体育施設を設置することは考えておりません。現行の耐震基準による地域体育館については、地域スポーツの拠点として、また、災害時の避難所となっていることから、今後の利用状況を見ながら、あり方を検討したい。

  • 砺波市の答弁では地域の集会施設を地域に譲渡して、後は責任をもたないことが明らかになりました。従来どの市町村も、自治体の責任で小学校区に公民館を建設し管理運営をしていますが、砺波市が公共施設整備計画を理由に自治振興会に設置責任も管理責任も譲渡することは行政責任を放棄することではないでしょうか
  • 保育所や学校の統廃合により、公共施設の無い地域が今後存続するかどうかということを、地域住民は危機感を持っています。
  • 松村外次郎記念庄川美術館・庄川水資料館は、庄川地域だけでなく、砺波市の将来にとっても大切な役割を果たすもので建物の長寿命化を図って存続してほしいという声を聞くべきです。

前の記事

12月議会報告(1)子どものインフルエンザ予防接種に補助を

境きんご 子供のインフルエンザ予防接種へ支援制度を求めて質問します。 子育て支援策として、こどものインフルエンザ予防接種への支援を市として行って欲し...

次の記事

12月議会報告(3)教員の変形労働制は教育・勤務条件の悪化を招く

境きんご 公立学校教員への「一年単位の変形労働時間制」導入について質問します。今国会で、教職員給与等特別措置法の改正で公立学校の現場に変形労働時間...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページをシェア