「しんぶん赤旗」囲碁・将棋大会中止のお知らせ

2020年05月18日 15時16分58秒 by

 「しんぶん赤旗」囲碁・将棋大会に、ご参加くださっている皆様へ

「しんぶん赤旗」囲碁・将棋大会の開催にあたり、毎年、ご参加をいただきまして誠にありがとうございます。赤旗囲碁・将棋大会は、初心者から有段者まで誰でも参加できる地区大会、都道府県大会、全国大会へと積み上げていく方式をとっており、数あるアマチュア棋戦のなかでも、もっとも裾野の広い棋戦として注目されています。昨年も、全国で9千人近い愛好者が参加する大会となり、成功させることができました。これは、ひとえに、皆様のご協力の賜物です。心から感謝申し上げます。

 さて、今年の「しんぶん赤旗」全国囲碁・将棋大会の開催についてですが、新型コロナウイス問題の収束が見通せないなかでは「中止せざるを得ない」という結論になりました。感染拡大を防ぐために各種イベントの自粛が求められており、多くの人が集まり、対面で対局する囲碁・将棋大会の開催は無理になっています。全国的にみると、早いところは地区大会を6月から開くところもありますが、会場を借りることができない、去年と同じ会場では「密閉・密集・密接」の「3密」を避けることができない、などの状況があります。

 赤旗囲碁・将棋大会の開催にご協力していただいている皆さん、大会参加を楽しみにしておられる愛好者の皆さんには、誠に申し訳ありませんが、大会を中止せざるを得ない事情についてご理解を賜りますようお願い申し上げます。

新型コロナ問題が一日も早く収束し、来年の赤旗囲碁・将棋大会が無事に開催できるようになることを願っています。その際には、引き続きご協力くださいますよう、お願い申し上げます。

また、新型コロナ問題のために、各地で、囲碁や将棋の様々なイベントが中止される、碁会所や将棋道場等に人がこなくなる、閉めざるを得なくなる、などの影響が出ていると聞いています。日本共産党は、囲碁・将棋を日本の伝統文化として発展させる立場にたち、新型コロナ問題でも「自粛要請と補償は一体でこそ感染防止が実効あるものとなる」と、営業と暮らしを守るために努力しています。困りごとがありましたら遠慮なくお聞かせください。「しんぶん赤旗」は、囲碁・将棋の新人王戦熱戦譜だけでなく、新型コロナ問題でも、確かな情報と展望を届けられる新聞として奮闘しております。引き続くご購読をお願いします。お知り合いの方にも「赤旗」を広めていただければ、なお幸いです。

 皆様が、健康を保持され、お元気で過ごされますことを心から願い、ご連絡、ご挨拶とさせていただきます。

2020年5月  日本共産党恵那地区委員会   恵那赤旗囲碁・将棋大会実行委員会

前の記事

検察庁法改正に抗議!恵那駅前でスタンディング

17日恵那駅前広場で、新婦人と革新懇などの有志15人による、サイレントスタンディングが行われました。検察幹部の役職定年を延長できるようにする検察庁...

次の記事

民報なかつがわ 5月17日号

中津川市内のしんぶん赤旗日曜版に折り込んでいます、「民報なかつがわ」。 5月17日号です。ぜひご覧ください。 過去の民報なかつがわはカテゴリー「地方自...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページをシェア