恵那市議選 市民の願いで頑張る日本共産党2名がなぜ必要??

2020年11月11日 17時27分39秒 by

恵那市議選では、日本共産党は皆さんのお役にたてるよう、2議席を目指して全力をあげています。

これまでの実績を紹介します。

《負担増に「待った」》

・消費税増税の転嫁で公共施設の使用料が値上げに。市民負担増は年間一千万円にも。キッパリ反対しました。

・市民負担増の一方で、市議などの報酬は引き上げへ。「すべきでない」と反対しました。

《市民とともに願いを届ける》

・豚コレラ対策、恵那病院存続、太陽光発電など市民の願いを国に届ける意見書採択で他会派との共同に努力。

・「豚コレラ」では被害農場を直接訪ね飼育者の生の訴えを聞いて議会で質問。ワクチン接種など迅速対策を求めました。

《市民目線で市政チェック》

・実情無視の「幼保連携型認定子ども園」化、指定管理化、大規模統合等に反対。保育士の待遇改善などを一貫して要求。

・人口減対策の決め手は「生活できる仕事と賃金」、介護・保育職場の待遇改善こそと提案。リニア計画再考も繰り返し提起しています。

自助より公助。コロナ危機打開のため、恵那市から声をあげて市民の不安解消へ、政治のやるべき仕事に全力をあげてがんばります!

切実な市民の願いの実現のためには、2議席はどうしても必要です!

家族、親戚、友人、知り合いに、旧市内は「さわたりみなえ」・恵南は「平林たづ子」とお広げ下さい。

いま、あなたの力が必要です!

 

前の記事

恵那市議選 平林たづ子候補を広げてください!

大激戦です!新人平林たづ子、どうしてもあなたの力が必要です! 明智出身、小学校勤務38年。「子どもらに いつか来た道 歩ませまい」の信念で、子ども達...

次の記事

恵那市議会議員選挙 平林たづ子へのご支援をお願いいたします

いよいよ、街頭からの訴えができるのも最終日となりました。 平林たづ子 今朝も元気に出発しました! 遠山信子市議が担ってきた”住民が主人公・よりそう心” ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページをシェア