子供のインフルエンザ予防接種に補助を求める署名 砺波市長と市議会議長に提出

2020年12月05日 00時00分00秒 by

12月4日(金)に、子供のインフルエンザ予防接種に補助を求める署名を集めた会の代表4名が砺波市役所を訪れ、砺波市長と、市議会議長に署名簿をそれぞれ手渡しました。その場に私も同席しました。

山本市議会議長(右)に署名を手渡す会の代表(左)

山本市議会議長(右)に署名を手渡す会の代表(左)

署名数は10月下旬に開始したにもかかわらず1カ月余りで、1,035筆も集まり、関係者は反響の大きさに驚いていました。

今年は、コロナに加えてインフルエンザの同時感染が危惧される状況の中、富山県は、未就学児と小学生に令和2年度に限り助成することになり、中学生は砺波市が補助することになりましたが、これも今年度限りで、1回につき3000円の補助が出るということです。これに対して子供を持つ父兄からは、来年度以降も、助成を継続してほしいという声が上がり、署名活動を始めたものです。

現在インフルエンザの予防接種は市民の大きな関心事です。砺波市では65歳以上の高齢者に対しては法律に基づき補助されていますが、中学生までの子供に対するインフルエンザに対しては、任意接種なので補助がありません。そのため、子どもを抱える家庭の負担は大きくなっています。県内では、小矢部市をはじめ6市町村で既に補助制度があります。

8月議会報告(2)インフルエンザ予防接種補助を恒常的に

砺波市が中学生に対し インフルエンザ予防接種助成

小矢部市インフル予防接種無償化

前の記事

共産党砺波市委員会が新年度予算要望書提出

畑企画総務部長(左)へ要望書を提出しました。 12月3日(木)、日本共産党砺波市委員会委員長として、新年度予算に対する要望書を砺波市に提出しました。...

次の記事

歯痛!【きんごの日誌・2020年12月5日】

もう経験することは無いだろうと思っていた、このズキンと脳天に稲妻の走る感覚、しっかり味わう事ができるじゃないですか、おかしな話ですが、少し嬉しい気...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページをシェア