豪雪対策を緊急申し入れ

2021年01月13日 00時00分29秒 by

1月9日からの豪雪で、市内各地域で孤立状態に近い家が続出していました。

1月12日 日本共産党砺波市委員会は、市民からの通報や聞き取りを踏まえ、私が委員長として、砺波市長に対し豪雪に伴う緊急申し仕入れを行いました。

申し入れ内容は以下の通りです。

1 富山県は、1月10日砺波市に災害救助法を適用したが、砺波市として豪雪災害対策本部を立ち上げ、市内全域に除雪体制を確立し対応すること。

2 スーパー、コンビニ等の食料等が入荷しない等の影響が出ている。市内主要道路の除雪を徹底すること。

3 一人暮らし高齢者や、障害者・高齢者のみの世帯に対する安否確認と訪問を実施し、食糧確保等の支援を行うこと。

4 散居村の特性から、長い道路を自力で除雪しなければならない方も多い。しばらく外部との行き来が断たれる場合も生じている。受診や買い物ができず、命・健康にかかわる影響が出ていることが懸念される。状況に応じ除雪支援できるようにすべきであり、除雪支援依頼できる仕組みを作り、周知すること。またそのために生じる経費を市が負担すること。

5 消火栓等の除雪を徹底し、火災等に迅速に対応できるようにすること。

前の記事

除雪!【きんごの日誌・2021年1月11日】

必死で除けました。そのため申し訳ないほどすっきりとしました。 この数日、あまりの積もり方です。途方に暮れているお宅もあるのではと思うので、「何を自慢...

次の記事

インフル助成小学生の継続要望 砺波市長「1年でやめる、はない」

2021年1月20日付北日本新聞の報道によれば、1月19日に富山市内で開かれた「ワンチームとやま」連携推進本部の初めての会議で、県が新型コロナ対策...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページをシェア