本日1月22日、核兵器禁止条約が発効されました。

2021年01月22日 16時27分30秒 by

1月22日、核兵器禁止条約の発効を祝って、ルビットタウン前にて、各市民団体が集まり、スタンディングとスピーチが行われました。

2017年7月7日に国連で可決されたもので、2020年10月24日に批准国50か国達成しました。

核兵器禁止条約の内容は、

・核兵器の開発、実験、生産、製造、取得、保有、貯蔵を禁止

・核兵器の使用、または使用の威嚇を禁止

禁止条約全文には、「核兵器が再び使用されないための唯一の方法は核兵器完全廃絶」と記されています。

菅首相は21日の参院本会議で、条約について「政府の立場に照らし、署名する考えはない」と発言しました。

市民団体のスピーチでは、

日本がこうした立場にあることに対し、「世界で初めての核兵器禁止条約に背を向けるような姿勢は、被爆国の国民として決して許されないと思います」

「日本は唯一の戦争被爆国。日本だけが原爆の恐ろしさ、その惨禍を身に沁みている唯一の国です。その日本こそ、核兵器の悲惨さ・非人道性を身をもって訴えることができる唯一の国であります」

「なぜ日本は条約に参加しないのか、日本はアメリカの核の傘によって守られている国だから、相手の核を抑えるために核兵器は有効な手段であると(菅首相は)言っています。これこそ世界中の笑いものであります、広島・長崎の犠牲者を生んだこの日本だからこそ、私たちは自信をもって核兵器の恐ろしさを世界に訴えられるのです」

「この日を待ち望んできました、発効を喜び合いたいと思います。核兵器禁止条約が発効した今、もう、戦争している場合じゃない、そのお金を、国民が安心して暮らせる社会のために、医療・福祉のほうに使っていただきたいと思います」

「日本だけが戦争で核兵器の被害にあい国民は悲惨な体験をしました。その日本政府は(禁止条約を)批准しようとしません、なぜでしょうか、国民の6,7割は日本は核兵器禁止条約に参加すべきと思っています、なぜなら核兵器は絶対悪だからです。核兵器のない世界を求めてきた市民は、今日の日を喜んでいます。」 

世界中から核兵器をなくすために、この中津川で活動されている市民団体の皆さんのスピーチでした。

日本共産党は本日「核兵器廃絶を戦後一貫して訴え、その実現のために行動してきた党として、心から歓迎する」と談話を発表しました。⇒核兵器禁止条約の発効を心から歓迎する

 

この写真は恵那市から稲武へ抜ける国道沿い。核兵器禁止条約の発効を祝って新しい看板を日本共産党上矢作支部の皆さんが建てました。見に来て下さ~い

前の記事

いながき豊子県知事候補へのご支援をお願いいたします

19日、中津川市内で、「県民が主人公の岐阜県政をつくる会」から立候補した、 #いながき豊子 県知事候補の街頭演説・個人演説会が行われました。 いながき候...

次の記事

民報なかつがわ 1月24日号

中津川市でしんぶん赤旗に折り込んでいます、「民報なかつがわ」。 1月24日発行分を紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページをシェア