砺波市が大雪による「折れ枝の処分」

2021年03月11日 21時13分58秒 by
折れ枝回収緊急対策事業のチラシ

広報誌に加えてチラシでも案内

今年の大雪は、様々な被害をもたらしました。通勤・通学の障害となる道路の除雪、屋根雪下ろしなど。また、農業用ハウスの倒壊も多くみられました。しかし、雪がとけて明らかになったのは、屋根瓦の破損や屋敷林の枝折れや倒木の多さ。これらの片づけは大変です。砺波市はこれを予想して、広報となみで「枝折れ処分」の支援を案内するという素早い対応です。屋敷林所有者の負担軽減と環境保全、野焼きの防止を目指しています。

支援対象は、各世帯の敷地にある枝折れした剪定枝で、長さ2m以下かつ太さ10cm以下のものを、3月37日(土)、28(日)の2日間。午前9時から午後3時まで、高道グラウンド(高道体育館東側)に自身で運搬できる人となっています。

雪による枝折れは温暖化といえども、北陸では避けられない現象です。このような支援策は今後とも続けてほしいものです。

前の記事

「励ます会」に集まっていただきました【きんごの日誌・2021年3月9日】

地元の公民館にこんな風に集まっていただいてから、四年経ったのかとちょっと驚きです。どういう区分けか良く分かりませんが「地元」の候補とそうでない候補...

次の記事

3月19日の日本共産党演説会に是非お越しください

藤野保史 衆議院議員がお話しします。 と き 3月19日(金)午後7時より ところ 砺波市文化会館 多目的ホール 私たちもお話しします。   ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページをシェア