農山村に元気を!若者に希望を!#比例は日本共産党

2021年10月08日 17時06分20秒 by

全国的に、コロナ禍で外食の機会が減るなどして需要が減り、

過剰在庫により生産者米価の大暴落が起きています。

この米価では米を作り続けるのは厳しいと農家の皆さんの悲痛な声が聞こえてきます。

その一方で、外国産米の輸入は減らさずに続いています。

日本共産党は、農業を基幹産業として位置付け、農業政策を提案・政府に申し入れ、持続可能な農業を、若者が希望がもてる農業の実現に全力を尽くしています。

次の記事

10/8恵那市で朝宣伝。コロナ危機を乗り越え、暮らしに安心と希望を!

恵那市明智町では早朝宣伝が行われました。 だれもが安心して暮らし続けられる恵那市へ。 恵那市では猿渡南江市議、平林多津子市議とともに、市民の皆さんの...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページをシェア