10/15恵那市で街宣。何よりいのち。ぶれずにつらぬく日本共産党

2021年10月18日 09時42分48秒 by

小関祥子 暮らしと医療対策委員長は、15日、恵那市の恵南地域で街頭宣伝を行いました。平林多津子市議も訴えました。

今度の総選挙で、日本共産党は政権交代で野党共通政策の実現を目指しています。

《日本共産党ならではの政策として四つのチェンジ》

①弱肉強食の新自由主義を終わらせ、国民の命と暮らしを何よりも大切にする政治へのチェンジ

②気候危機を打開し、地球を守る政治へのチェンジ

③ジェンダー平等の日本へのチェンジ

④憲法9条を生かした平和外交へのチェンジ

日本共産党の躍進と新しい政権をつくることで、この四つのチェンジを実現することができます。

どうかあなたのお力をお貸しください。

#比例は日本共産党へのご支援を広めてくださいますよう、お願いいたします。

前の記事

10/9 中津川市で街宣。政権交代で、命を守る政治を。

10/9  中津川市の坂下、付知、福岡方面にて、小関祥子 暮らしと医療対策委員長が街頭宣伝を行いました。苗木ではつどいも行い、木下律子市議も訴えまし...

次の記事

民報なかつがわ 10月17日号

今週の「民報なかつがわ」です! 9月議会報告です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページをシェア