2回連続「化石賞」受賞、温暖化対策に消極的な日本

2021年11月22日 13時43分38秒 by

今、気候危機対策は喫緊の課題です。日本全国だけでなく世界中で、この気候危機の影響は避けられません。

日本共産党は、「気候危機を打開する日本共産党の2030戦略」として環境問題政策の提案を発表しています。

 

日本共産党は11月6日、世界で同時に取り組まれた「世界気候アクション11・6」に連帯し東京・新宿駅西口で街頭宣伝をおこないました。

その時の動画を紹介します。

 

【Fridays For Future Japanに連帯 気候危機街頭宣伝  2021.11.6 4分過ぎから~】

この恵那地域(中津川市・恵那市)においても、省エネ・再生可能エネルギーの推進が必要ですが、防災を無視した大規模な太陽光発電の乱開発の問題もあり、地域の声を聴き、地域に最適な発電方法を導入・支援することが求められます。

 

前の記事

どくしゃニュース 多津子と南江の議員報告 11月21日号

今週の「どくしゃニュース 多津子と南江の議員報告」です!

次の記事

相次ぐ崩落事故。JR東海に要望書提出!

11/22付の「しんぶん赤旗」に、11面地方政治のページにリニア建設事故の記事が掲載されました。 地域住民からは、原因究明と工事中止の声があがっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページをシェア