本多 のぶひろ (ほんだ 信弘)

日本共産党愛知11区政策委員長

本多 のぶひろ

ほんだ 信弘

ジャーナリストの経験いかし、市民の声を国政に

すべて表示

プロフィール

生年月日1975年生まれ
出身地愛知県
趣味マラソン、バドミントン

略歴

1988年3月豊田市立大林小学校 卒業
1991年3月豊田市立末野原中学校 卒業
1994年3月愛知県立豊野高等学校 普通科 卒業
1998年3月中京大学 経済学部経済学科 卒業
1998年4月みかわ市民生協に就職
2001年5月民主青年同盟愛知県委員会 常任委員
2004年3月民主青年同盟中央委員会 新聞記者
2015年6月日本共産党名古屋市議団 事務局として勤務

私の歩み

若者向けの新聞の記者として、高すぎる学費問題の実態調査や東日本大震災で被災者の取材を行うなど、社会問題を記事にして発信してきました。

いま、安倍暴走政治のもとで、国民をないがしろにする政治が続いています。名古屋市議団の事務局をつとめた経験も生かして国民の声が生きる政治をつくるためにがんばります。

すべて表示

政策

「安倍政権を倒そう」の声を日本共産党へ

  • 森友・加計疑惑など国政の私物化ストップ
    憲法破壊、民意無視の安倍暴走政治に退場の審判を

  • 北朝鮮問題は制裁とともに対話による解決を
    安保法制=戦争法を廃止し、立憲主義の回復を

  • 消費税10%ストップ、大企業と富裕層に応分の負担を
    格差と貧困をただす経済政策に転換を

  • 安倍政権による憲法9条の改定をゆるさず、
    9条にもとづく平和の外交戦略を

  • 核兵器禁止条約に参加する政府をつくり、
    核兵器廃絶の先頭にたつ日本に

    野党+市民の共同で政治を変えよう

Twitter

メッセージ送信

以下のフォームより、本多 のぶひろさんへメッセージを送ることができます。




送信ボタンを押したら確認画面無くすぐに送信されます。

このページをシェア