民主団体の共催で新春のつどい開催

2020年01月26日 00時01分19秒 by

2020年1月25日の新春の集いの写真1月25日、砺波市内の子供歌舞伎曳山会館で「新春のつどい」が開かれました。

今年は、となみ9条の会、9条救助隊、年金者組合、農民連など市内の8の民主団体の共催となりました。

今回は、新しく「トークセッション」という形式で、「これからの砺波市に住み続けるために」というテーマで数人が話題を提供し、それに対して参加者が自由に意見を交わし討論するという形式で進行しました。

最初に、来賓として参加した「オール富山市民連合」から開さんがあいさつを兼ねて発言し、続いて、日本共産党の坂本ひろしさんが地球温暖化の問題で発言。その次に私が、砺波市の公共施設再編計画の問題点について発言すると、それに対して様々な意見が参加者から出るなど活発な意見の表明があり、これからも砺波市に住み続ける上での問題点や課題について様々な角度から討論が繰り広げられました。

その後、パーティに移り、和やかに懇談し、参加者は今年の抱負を語りあい交流を深めていました。

前の記事

砺波市へ予算要望書提出

日本共産党砺波市委員会は、1月15日砺波市に対し、新年度予算に対する要望書を提出しました。 要望書の主な内容は次のとおりです。 砺波市福祉センター等...

次の記事

素麺の束ね体験隊が来訪されました【きんごの日誌・2020年2月22日】

地元の魅力を地元から発信しようと活動しておられる女性グループ「KO-RA-RE」の皆さんによる企画です。毎年数人の方が我が素麺作業場を訪れ、半生の麺で髷を...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページをシェア