一律休校 親も子もストレス  党砺波市委員会緊急申し入れ

2020年03月06日 00時01分41秒 by

日本共産党砺波市委員会は、政府の要請で小学校が一律休校に入った砺波市の状況をふまえ、3月5日夏野修砺波市長と山本教育長に緊急に申し入れを行いました。

申し入れの内容は、以下の通りです。

  1. 休校期間は春休みまでを固定化せず、場合によっては短縮を検討すること。
  2. 日中子どもを見られない共働きの家庭などを支援するため、1年生から3年生までの希望する家庭の児童に対して、学校への普段通りの時間受け入れ(自主学習)を早急に実施すること。
  3. 低学年の自主学習受け入れを実施する場合、給食を希望する児童に給食の提供を検討すること。
  4. 給食材料を提供している業者や農家に対する支援措置を具体化すること。
  5. 休校中は、学校から児童生徒の健康状態や生活の様子等の確認のため、定期的な電話連絡や必要に応じた家庭訪問の実施、スクールカウンセラーとの連携など、十分な対応を具体化すること。
  6. 仕事を休めない家庭や預かり先のない家庭などへの支援のための相談窓口設置を行うこと。

前の記事

素麺の束ね体験隊が来訪されました【きんごの日誌・2020年2月22日】

地元の魅力を地元から発信しようと活動しておられる女性グループ「KO-RA-RE」の皆さんによる企画です。毎年数人の方が我が素麺作業場を訪れ、半生の麺で髷を...

次の記事

花でも良いかなとは思っていたのですが・・・【きんごの日誌・2020年3月12日】

今日はホワイトデーだったかな、と素麺作業に取りかかりながら気になっていました。一か月前には「義務」がかっていたのかもしれない「義理」チョコを四包み...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページをシェア