2月議会報告(5) 消費税率5%へ引き下げ求める請願への賛成討論

2020年04月03日 00時02分15秒 by

次のとおり、消費税率5%へ引き下げ求める請願への賛成討論を行いました。

消費税の導入や率の引き上げは、財政再建のため、社会保障のためと言われてきましたが、実際はどうだったか。

導入当当初は200兆円だった公債残高は今や900兆円に迫っています。年金は下げ止まらず、高齢者の医療費窓口負担が更に増額されようとしており、介護保険給付の縮減やその対象が拡大されようとしています。

財政の再建も社会保障の充実も、消費税導入や引き上げの口実でした。

この間に収められた消費税は397兆円、同じ期間に法人税は298兆円減り、所得税・住民税も275兆円減りました。消費税は大企業と富裕層の減税の穴埋めに使われ、同じ期間に企業の内部留保は150兆円から440兆円を超えるまでに膨れ上がっているのです。

消費税の導入と度重なる増税は、日本を経済成長できない国にしてしまいました。1997年から2017年までのGDP国民総生産の伸びはアメリカで225%、イギリスで170%、フランスで178%、ドイツで166%なのに対し、日本は102%とほとんど横ばいの低迷状態となっています。

一刻も早く、消費税に頼るゆがんだ税制を正し、日本経済の立て直しを図らねばなりません。

代替財源は明確です。力のある人たちに応分の負担を。中小企業を除き法人税率を元に戻せば7兆円の財源になり証券税制の是正と最高税率の見直しで3兆円の財源になります。

10%への税率引き上げで、10月から12月までのGDPは年率換算で7,1パーセントへ落ち込む衝撃的なものとなりました。

新型コロナウイルス感染の広がりが、落ち込んだ日本経済にさらに深刻な影響を与えています。

新型コロナ対策としても、消費税の引き下げを本格的に検討し実行すべきと考えます。現下の不況の原因となったのがこの消費税率の引き上げであり、これを5%に引き下げることは消費を下支えし、低所得者と中小企業への力強い支援となります。

 消費税率引き下げを求める意見書を、採択していただくよう要望して、請願に対する賛成討論とします。

前の記事

2月議会報告(4)一般会計予算案に反対討論

次のとおり、令和2年度一般会計予算案に反対討論を行いました。 一般会計予算に反対する理由は次の二つです。 一つは、がんの集団検診にかかる個人負担額の増...

次の記事

2月議会報告(6) 種苗法改定反対請願に賛成討論

次のとおり、種苗法改定反対請願に対して賛成討論を行いました。 今国会に上程が予定されている種苗法の一部改定案では、民間による植物種苗の新品種開発を促...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページをシェア