コロナに対する健康不安の中 集団検診等の個人負担の値上

2021年01月26日 00時00分49秒 by

砺波市の健康診査個人負担額これまで、市民の健康診断を進めることで予防医療を図り、市民の健康維持に貢献してきた集団検診の個人負担を引き上げる提案が全員協議会で出されました。

公益法人富山県健康づくり財団 富山県健康増進センターに対する委託料の値上げに伴い、市民に負担を求めるものです。

値上げの理由は、委託料の引き上げに伴い、委託料の3割に相当する分を利用者負担させると説明しています。

しかし、今まで結核・肺がん検診は委託料を払っていたにもかかわらず、無料でした。これには歴史的な経過があり、無料にしてきたはずです。最近はとりわけコロナウイルス感染症の蔓延で市民にとっては肺の撮影は健康のバロメーターとして大変重要になってきています。今なぜ、有料にするのか納得いく説明が求められます。

前の記事

アンケート返信、USBメモリー付き【きんごの日誌・2021年1月25日】

今「市政への要望アンケート」を皆さんのお宅に配らせていただいています。ちょっと気恥しいのですが、私の大きめの写真が目立つ「砺波民報」号外を順次配布...

次の記事

庄川勤労者体育センター廃止 市議会全員協議会で提案される

3月末での廃止が提案された庄川勤労者体育センター 1月22日開かれた市議会全員協議会で、砺波市庄川町勤労者体育センターの廃止が提案されました。 この施...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページをシェア