修理はいつにする?【きんごの日誌・2021年2月10日】

2021年02月11日 00時00分17秒 by

この冬にプリウスをずいぶん痛めつけてしまいました。決して運転は苦手だなんて思ったことは無かったのですが、ちょっと自分に対する認識の変更が必要かもしれません。みっともないのですぐに直した方が良いのですが、絶対にもう雪は降らない、と思える時期までこのままで居た方が良いのかとも考えるのです。それ程自分が疑わしくなったようです。

初っ端はスノーダンプ引っ掛け事件です。車庫の出口付近に立てかけてあったものを出しなにやってしまったようです。随分派手な音がしたので作業場に居た人たちが覗きに出たそうですが自分は気づかずに用事を済ませてきました。変形したダンプが書庫の中に置いてあったのに気づかず、バックで侵入したときに再び大きな音がしましたが、これには気づきました。後部に傷跡がいくつもできてしまいました。

二回目は、豪雪対策で県庁に要望に出かけた時でした。一緒に参加される方が我が家で合流して私の車に同乗されたのですが、驚いたことにこの方も私と同じ色のプリウスに乗っておられるのでした。そのプリウスが、雪の壁だとバカにしてちょっとかすったらフェンダー部分がへこんでしまって大変ショックだったという話をいかにも残念そうにされました。自分はそんな事はしないよと聞き流していたのですが、要望会場の駐車場は雪でとても入りづらく、必死に切り返しを繰り返すうちに先っぽが雪の壁にグサッ!同乗者の方とちょうど同じような場所が、もっと激しくへこむことになりました。

三回目は車の間を抜けての車庫入れ時、サイドミラーを柱に接触させてしまいました。それなりの音がしてカバーがはずれましたが、はめ戻すとパコンと元におさまりはしました。しかし現場を目撃している方が居られたのです。ニコニコしながら「けっこう傷だらけやね・・・」 はい、おっしゃる通り。

やっぱり自動車屋さんには、素麺作りが終わってからにしようかと思っています。

前の記事

アスパラガスをお土産にいただきました【きんごの日誌・2021年2月2日】

知人宅などを挨拶しに回っています。「四月の選挙に挑みます。寄せていただいた皆さんの願い実現のため、引き続き頑張っていきます。」 「分かってるよ、わざ...

次の記事

農民運動富山県連合会が大雪被害の救済を求め要請書を砺波市に提出

要請書を提出する水越代表(左から2番目) 去る1月7日~10日にかけての大雪により、県内各市と砺波市で農業用ハウスの倒壊と農作物被害、倉庫や作業場の...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページをシェア