農民運動富山県連合会が大雪被害の救済を求め要請書を砺波市に提出

2021年02月12日 00時00分40秒 by
農民運動富山県連合会が大雪被害の救済を求め要請書を砺波市に提出

要請書を提出する水越代表(左から2番目)

去る1月7日~10日にかけての大雪により、県内各市と砺波市で農業用ハウスの倒壊と農作物被害、倉庫や作業場の倒壊、果樹僕の損傷路地作物の関節、畜舎の倒壊など、深刻な被害が発生しています。

これを受け2月10日、農民運動富山県連合会は、砺波市役所を訪問し、大雪被害の救済を求める要請書を提出し、農林課と懇談しました。

要望項目は、

1 雪害による農業容用施設の被害状況を調査し公表すること。あわせて従来の要件にとらわれず激甚災害指定の適用をしてほしい。

2 農業用ハウスなどの被災者が希望をもって再建できるようにするため国や県市町村で本人負担の少ない支援を講じてほしい。

3 解体のための人と資材の確保を支援すること。

などです。

農民連の水越氏は、懇談の中で「国と県は、被害の50%の補助を行うことを決定しており、市町村での補助が是非とも必要」であることなどを強調しました。

 

前の記事

修理はいつにする?【きんごの日誌・2021年2月10日】

この冬にプリウスをずいぶん痛めつけてしまいました。決して運転は苦手だなんて思ったことは無かったのですが、ちょっと自分に対する認識の変更が必要かもし...

次の記事

マイナンバーカード普及促進 補正予算に対する反対討論

2月16日開催された臨時市議会で、下記のとおり補正予算に反対討論しました。 今回の補正予算では、国のマイナポイント制度にならってカードを取得すれば商...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページをシェア