3.11を前に学区で防災訓練に参加

2021年03月09日 13時20分49秒 by

 3月7日

は東海学区の防災訓練。私も町内の自主防災担当として参加。
一つめの訓練は、安否確認訓練。各戸に安否確認カード掲示、組長が確認して町内会に連絡、それを学区に報告という手順です。対象1003世帯中495世帯49.4%の無事が確認できました。
私の住むマンションでは35世帯中25世帯で無事を確認。ただし札が出てないところは不在なのか、何か異変があったのか、日常的におつきあいがないとわからないですね。そういう関係づくりのきっかけになればいいですね。
二つめは避難所開設訓練。避難所用の備品を防災倉庫から出してきて、受付や任務分担を訓練、今回は体温チェックし、発熱者を専用ゾーンに誘導します。コロナ対応の手順や備蓄品を確認しました。マスクにメガネ、さらにヘルメットとフェイスシールド、手袋、ガウン、たいへんです。
名古屋市防災危機管理局の職員のミニ講話も。3.11を前に、防災を身体で覚える訓練になりました。
うちの学区は防災に熱心な委員長のもと、自前で訓練でき、オリジナルの備蓄もそれなりにそろえています。ただ、うちの町内はといえば、まだまだこれからですね。がんばろう。
ただ残念なのは、多文化共生の地域なのに九番団地の町内会組織がなくなり、学区のこうした訓練に参加しない、できない状態になっていること。日本語が不自由なみなさんの防災をどうするか?別途、考えなければいけません。
追記 集計数字は当日の速報値。正式な数字はあらためて学区で集約し後日、報告されると思います。そういうつもりでお読みください。

前の記事

コロナ対策で保健所等に通訳配置を!西三河の党議員らと愛知県要請

日本共産党愛知県委員会は西三河の党議員団と共に、「コロナ感染対策として保健所及び宿泊療養施設への通訳配置等を求める要望」を愛知県に提出しました。そ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページをシェア