建設に尽力した人の悲痛な声 庄川美術館を廃止させないで

2021年04月17日 17時05分36秒 by

4月13日庄川松村記念美術館の建設に尽力された方から電話がありました。その内容は、「廃止が検討されている庄川松村記念美術館は、庄川町の多くの人たちが寄付をし、その善意を元に建設したもので、美術館に収蔵されている作品も多い。私も最初から建設運動に関わりましたが、庄川町民の善意の魂がこもった施設であり、このように簡単に廃止するのは絶対に納得できない」というものでした。美術館建設に善意を寄せた旧庄川町の人の多くの思いを代弁したものと考えられます。

公共施設のあり方とりわけ庄川美術館や水資料館について、もっと地元住民の生の声を聞いて再検討する必要があるのではないでしょうか。松村外次郎記念庄川美術館

前の記事

野党議席が議会を変えてきた。この市議選、何としても勝たせてください

本日、砺波市議選が告示されました。私、境きんごの出発式での挨拶動画ができましたの、ゼひご覧ください。

次の記事

次の記事はありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページをシェア