新型コロナワクチン どこの医療機関に行けばいいのか丁寧な周知を!

2021年05月05日 12時50分16秒 by

新型コロナワクチン どこの医療機関に行けばいいのか丁寧な周知を!一人暮らしの高齢者への支援を。集団接種の日程は?新型コロナ後遺症の相談窓口設置を!

【共産党市議団が市長に緊急要請】

 高齢者への新型コロナワクチンの接種について、対象者全員に「接種券」等が発送されていますが、高齢者からは「どこで接種を受けたらいいのか分からない」などの疑問や苦情が多く聞かれます。共産党市議団は円滑なワクチン接種を求める立場から4月4日、高橋市長に緊急要請を行いました。

  • 接種医療機関の一覧表を同封してほしかったという意見が聞かれる。自治会の回覧板で接種についての情報が提供されているが、医療機関の一覧は裏面に表示されていて、見落としたという声もかなり聞かれる。今後、予約の際に、どの医療機関に行けばいいのか、丁寧に周知すること。
  • 予約電話が殺到し、つながらないという事態が想定される。十分な体制を確立すること。
  • 介護サービスにつながっていない一人暮らし高齢者へのサポート体制の構築を急ぐこと。
  • 県内の多くの自治体では集団接種の開始日が決まっているが、高岡市での検討状況の提示を。
  • 医療従事者への接種の進捗状況と今後のスケジュールの提示を。
  • 新型コロナ後遺症への対応について

新型コロナウイルスの後遺症とみられる症状に苦しむ人がふえている。休職となったり、解雇や退職に追い込まれる人も出ている。東京都墨田区では、3月から後遺症の相談窓口を設置した。区内の医師会と連携し、相談窓口から診療所へつなぐ仕組みとして歓迎されている。県と連携した相談窓口の設置を検討すること。

※全国では、接種場所へ行きたくても行けない高齢者のために、タクシー会社等と連携している事例も生まれています。行政側の努力と工夫が求められます。

=コロナ禍の下での暮らし・福祉など何でもご相談を!=   

  新型コロナ感染症拡大の下で、切実なご相談が増えています。一人で悩まず何でもご相談を!

【最近の相談事例】  

 ・市民税、国保税、固定資産税が高すぎて払えない。どうすれば?

 ・コロナ禍で手元の生活資金が無くなった。緊急小口資金を借りたい。

 ・ひきこもりの人への支援措置を教えてほしい。不登校の子どもたちへの支援を!

 ・収入が減って、住宅ローンの返済ができない。どうすれば?

 ・空地の雑草がひどい。 危険な空き家の防火対策や環境対策を強めてほしい。

 ・危ない交差点にカーブミラーを設置してほしい。道路の凸凹を補修してほしい。

        ※ご相談は・・・市議会議員金平直巳へ(☎21-8228)  

 

 金平レポート 号外・2021年5月3日・ 

市議会議員金平直巳 ・高岡市佐野349-5    

前の記事

新型コロナウイルスワクチンの接種等に関する要望書

高岡市長 高橋 正樹様                                                 2021年4月30日        ...

次の記事

次の記事はありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページをシェア