9/21中津川市で街宣。声をあげれば政治はかわる #比例は日本共産党

2021年09月22日 16時59分04秒 by

小関祥子 暮らしと医療対策委員長は、21日、中津川市の落合、馬籠、阿木で街頭宣伝を行いました。

木下律子市議、鷹見信義市議も訴えました。

自民党総裁選が17日に告示されましたが、テレビは総裁選一色。4人の候補はみんな安倍・菅政権の閣僚や党の要職を務めた人物であり、コロナ大失政の反省もなく、原発再稼働容認、改憲姿勢をあらわにしています。

国民が日々の暮らしに困窮している今こそ、支援の手を差し伸べる施策を決めるのが政治の役割、これができない政府を一刻も早く交代させて、すべての国民が希望のもてる社会を、この総選挙で作り上げましょう!

前の記事

どくしゃニュース 多津子と南江の議員報告 9月19日号

今週の、「どくしゃニュース 多津子と南江の議員報告」です!

次の記事

(9/26)日本共産党オンライン演説会in岐阜のお知らせ

ぜひご視聴ください! https://youtu.be/WWGTYVCMJpE    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページをシェア