大提灯まつり

2011年08月26日 20時35分00秒 by

26日、 一色の大提灯まつり。雨が降らずなにより。

全長約6~10mある大提灯が掲げられる。 大提灯の始まりは,1564年ごろ。
海の平穏と豊漁を願って、魔よけの意味でかがり火をたいたことが起源とされている。

その後、提灯をつるすようになり、1796年には大提灯をつるすようになり、現在に至っている。
現在、6つの組が2張りずつ、計12張りの大提灯がつるされており、
提灯には、華やかな絵や文字が書かれている。

ここんとこ、商店街の人通りも減り、出店も減ってちょっと寂しい気持ちもするが、
境内周辺は大勢の人でにぎわっていた。



前の記事

25日10時、西尾市役所で党議員団会議。議会対応の打ち合わせ、西尾民報うちあわせ。午後2時まで 5時、ハワイアンフェスティバル

次の記事

膨大な議案書

9月議会で審査される決算書。旧西尾市、旧一色町、旧吉良町、旧幡豆町それぞれの、決算審査が合併後の西尾市議会で、全部を審査することになります。 各市...

このページをシェア