前田 修 (まえだ おさむ)

日本共産党 西尾市議会議員

前田 修

まえだ おさむ

ハッキリもの言い、町の声とどける。いつも市民派 日本共産党

活動報告

すべて表示

略歴

1955年9月25日生まれ 61歳
1973年碧南工業高校卒
1975年ロッキード事件の「政治と金」に怒り、20歳のとき日本共産党に入党
1983年27歳で一色町議会議員に。7回当選。06年に副議長。毎議会、欠かさず一般質問に取り組み、住民要望実現、不正やムダ使いの追求の先頭に
2011年合併による増員選挙。西尾市議会議員に当選。合併で周辺部が寂れることないように全力。PFI、産廃など追及
「民報」を作成し定例議会後に配布。アンケート活動で、市民の声を聞き、市政に届け、実現に粘り強く取り組む
2013年西尾市議会議員に当選。2期
2017年西尾市議会議員の3選に挑戦。日本共産党の議席増を目指す

私の歩み

みなさんと力をあわせ実現

■子育て

  • 来年(平成30年度)から給付型奨学金制度を実施(予定)
  • 就学援助増額、入学支度金を入学前に支給
  • 中学校卒業まで医療費が無料に
  • 学校の扇風機、保育園にエアコン設置
  • 赤ちゃんブックスタート継続
  • 第3子保育料無料継続
  • ワクチン無料接種

■福祉

  • 特別養護老人ホームを建設
  • にこやか収集(ゴミ出し支援)
  • 高齢者の肺炎球菌ワクチン補助

■防災・環境

  • 沿岸部の学校の屋上に手すり設置設置、津波待避所に
  • 民間高層建物を津波避難ビルに
  • 太陽光発電補助拡大
  • 標高表示
  • 平和都市宣言

■まちづくり

  • 一色地区で10月からくるりんバス運行予定
  • 公共交通の充実、3町にデマンドタクシー
  • 高齢者の福祉タクシー補助
  • お昼の時報を復活(3町)

すべて表示

政策

【緊急提案】

  • 産廃処分場計画ストップ

  • PFI全面見直し

  • 期日前投票を支所で

  • 学校教室にエアコン設置

  • 給食の無料化(まず、二人目以上を)

 

合併で、周辺部が さびれることのないよう
福祉・防災 すみよいまちに全力つくします


(1)公共交通の充実

  • くるりんバス増便
  • いこまいかーを改善し便利に

車に乗れなくなっても、支所・買い物・病院に安心して行けるよう公共交通の整備は重要課題。中心部のくるりんバスや旧3町のデマンドタクシーを充実させ・安心、便利に。

(2)津波・防災対策

  • 津波一時待避所を
  • 要援護者の避難対策
  • 耐震堤防
  • 民間住宅耐震補助拡充

今後30年以内に、大地震が発生する確率は、94%。津波の高さは7メートルと予測されています。子ども、お年よりの安全確保は急務です。

(3)国保税1万円引き下げ

  • 介護保険料引き下げ 

(4)いじめ・体罰の根絶

  • 30人学級の拡充
  • 保育園・学童保育所の待機児解消
  • 給食の自園・自校方式、アレルギー対応を
  • 勝利至上主義の部活動改善 

(5)安心・住みよいまちづくり

  • 宅配給食を毎日に
  • 防犯灯は市の責任、地元負担なしに
  • 住宅リフォーム助成

活動フォト

すべて表示

メッセージ送信

以下のフォームより、前田 修さんへメッセージを送ることができます。




送信ボタンを押したら確認画面無くすぐに送信されます。

このページをシェア