桜の木

2012年10月03日 05時15分00秒 by

米津橋は矢作川と鹿乗川の2つの河川にかけられている。
その鹿乗川の堤防の「桜」の木が伐採計画にゆれている。

国土交通省は国管理の河川だから、樹木による堤防の損壊を心配し伐採したい方向。
しかし、地元の意向を無視できないので、
「伐採する木、残す木、を地元が決める。伐採する木は今回に限り国で。残す木は地元が今後管理し伐採も地元で。」ということになったらしい。

地元としては、残したい桜を市で管理してもらえないかと市に要望。
一方で、桜の木を残して欲しいという方々もあり、署名運動が始まっているとのこと・・・。

あきらかに朽ちかけている老木はともかく、なんとか保存できないものかと思う。

桜の木の根元には「彼岸花」。
少し、川沿いに碧南方面にいくと、桜の木の根が堤防を損壊することのない方策で
桜の木がきれいに植えられているのだが・・・。

前の記事

台風17号

9月30日台風17号。強い風と雨。午後7時半頃には静かになった。 2012年は9月30日が「中秋の名月」。暦の関係で、中秋の名月が必ずしも満月になるとは限...

次の記事

3日、10時、厚生部会。午後1時半、文教部会。2時、国保勉強会。その後、議員団会議で新年度予算要望書準備を夜まで。 その間、東幡豆から吉良・平坂までの現...

このページをシェア