白票・棄権は自民党を利するだけ。信じられる政治は、私の一票から。(法定2号ビラ)

2016年10月21日 23時40分07秒 by

県議選の法定ビラ2号は、ガラッと印象を変えて、こんな感じです。

20161018法定2号ビラ

明日(22日)の北日本新聞、読売、富山新聞の各紙に一斉におり込まれます。

不正への強い反感を持つ市民が、即「共産党の高瀬へ」となるわけでなありません。

むしろ、この高岡市内には、政治への諦め感情、「その話はもうしたくない」と目を伏せ、聞こえないふりをするような状況があり、「誰がやっても変わらない」という空気が重くのしかかっているようなところがあります。

ある方は、「夫は、(投票手順で先の)知事選で投票したあと、県議補選は何も書かずに投票箱に入れた」とのこと。抗議の意味で白紙で出したというのです。しかし、白紙で投票してもほとんど意味がありません。組織力で勝る自民党を利するだけなのですから。「高瀬あつこ」と書いてこそ、その思いを生かすことができます。

市民が投票所に行くこと。そこからしか信頼できる政治は切り開かれないと思います。
投票に行こう!横断幕

20161018届け出法定ビラ2号

次の記事

ラストスタンディング! 22日(土)午後2時イオンモール高岡(東側)にて

高瀬あつこ、議席獲得争いの混戦の中で最終日を迎えました。 最後の最後まで訴え尽くします。 今朝から、応援に駆けつけている藤野やすふみ衆議院議員。 14時...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページをシェア